韓国人男性のDV、ベトナム女性が被害に・・・

朝鮮日報

【コラム】ベトナム人が接する「醜い韓国人」たち

 「韓国人は妻への暴力が好きだ」「韓国と中国は今も妻たちが奴隷のようになることを望んでいる」「ベトナムの少女たちよ、韓国の男たちはあまりにも暴力的だ」

ベトナム人妻をサンドバッグのように暴行した韓国人男性の映像に、ベトナム人たちはこのようなコメントを書きこんでいた。一つの事件で韓国人全体が批判されることに悔しさはあるが、ベトナム現地ではその「反韓感情」を刺激する事件が実は毎日のように報じられている。

今年5月には30代のある韓国人男性がホーチミン市内のマンション38階から電子レンジとテレビを投げ落とした。一緒に住むベトナム人女性とけんかをしてこのような行動に出たという。このマンションには1万世帯も住んでいる上に、事件が起こったのは朝7時の通勤時間帯だった。幸いけが人は出なかったが、もし誰かに直撃していれば間違いなく即死だ。「これでもoppa(オッパ、韓国人男性のこと)に会いたいのか」などの非難が当然相次いだ。同じ日にハノイ市内では、30代の韓国人男性が未成年者を含むベトナム人女性にセクハラを行った容疑で逮捕された。

韓国とベトナムは質的、量的に過去のどの時よりも緊密な関係を結んでいる。韓国人の朴恒緒(パク・ハンソ)監督率いるサッカー・ベトナム代表はアジア大会で準決勝にまで進み、ASEAN(東南アジア諸国連合)サッカー連盟(AFF)スズキカップでは10年ぶりの優勝という奇跡も重なった。そのため韓国に対する親近感もこれまで以上に高まっていた。

経済面での依存度も高い。韓国からのベトナム向け輸出は昨年486億ドル(約5兆3000億円)を記録した。これは1992年の国交正常化以来最大だ。輸出の規模だけを見れば、この期間に121倍にまで拡大したことになる。米中貿易戦争によってグローバル企業が中国からベトナムに生産拠点を移そうとしているが、サムスン、LG、SKなど韓国の大手企業はベトナムへの進出や投資で先を行っていた。

今ベトナムは「新しい家族」と言ってもよいほど、韓国人男性との国際結婚の割合が高い国でもある。VNエクスプレス(ネット新聞)によると、年間6000人以上のベトナム人女性が韓国人男性と結婚しているという。この結果、ベトナムは中国を抜いて韓国に最も多くの嫁を送り出す国となった。韓国国民となったベトナム人妻はもちろん、その間に生まれた子供たちも今後は同じように韓国の未来を担う主役になっていくだろう。

ベトナム・メディアは「(韓国人男性との国際結婚は)常に童話のような結末にはならなかった」と指摘する。全羅南道霊岩で起こった今回の事件も「童話」にはほど遠い事件の一つとして記録されるだろう。ベトナム駐在の大使館や領事館では8日「反韓感情により韓国人が事件に巻き込まれる恐れがあるので注意するように」と会議で告げられたという。ベトナムのあるネットユーザーは「今回の事件は最初でも最後でもない」と指摘した。もちろん最初ではないだろうが、ぜひ最後になってほしいものだ。このままでは100人の朴監督が登場したとしても、反韓感情の高まりは抑えられなくなるだろう。

ホーチミン=イ・ミジ特派員

おっと

朝鮮日報さんは

ライダイハン問題については

一切書かないんですね。

「歴史を忘れた民族に未来はない」

あれあれ?

これはどういうことですか??

ブーメランが突き刺さってますけど。

韓国人男性は

釣った魚にエサはやらない

というらしいのですが

これはほんとにそうですね。

この動画が拡散され

この男は逮捕されたようです。

この男に手があると危険なので

両手を後ろに縛ったまま

生活してもらいましょう。

皆の反応

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする