韓国、日韓関係悪化をアメリカのせいにし始める

朝鮮日報

輸出優遇除外:韓国政府・大統領府、米国にSOS

「前例に照らしてみると、今回の事態も解決のカギは米国」

韓国大統領府(青瓦台)や韓国政府内から「米国は関係が悪化した韓日間の仲裁者として乗り出すべき」という声が本格的に上がり始めた。今回の輸出規制は米国を含む国際産業界に悪影響を及ぼし、韓米日安全保障協力まで揺らぎかねないだけに、トランプ政権が乗り出すべき時がきた、というわけだ。韓日関係が最悪の状況に陥っていることを受け、韓国政府が今更ながら米国にSOSを送ろうとしている恰好だ。

韓国政府の関係者は「韓日関係が悪化するたび米国が仲裁者として乗り出し、解決してきた前例に照らしてみると、今回の事態も米国が解決のカギを握っている」「輸出規制は米国の産業にも悪影響を及ぼすだけに、トランプ政権がいずれ仲裁者として乗り出すのではないか」と語った。先代のオバマ政権は、慰安婦問題で韓日対立が最高潮に達していた2014年、ハーグの核セキュリティ・サミットで韓米日首脳会議の開催をあっせんした。15年の韓日慰安婦合意の過程でも、裏で調整役を果たした。今回も、その役割を期待するというのだ。

だがトランプ政権はオバマ政権と違って、韓日間の問題には消極的態度を示してきた。今回も、米国務省は「米国は韓国・日本との3者協力を一段と強化することに専念している」と、原則論に言及するだけだった。米国の朝野からは「韓日関係がこれほど悪化したのは、トランプ政権発足後に仲裁能力を喪失したから」という批判の声が上がった。

しかし韓日間の衝突局面が続く場合、トランプ政権はそれ以上放置できないだろう、という見方もある。梁起豪(ヤン・ギホ)聖公会大学教授は「米国務省が韓日対立を今まで放置していたのは、ちょっとやりすぎ。米国が介入する余地は十分にあるだけに、韓国も国際世論化に力を注がなければならない」と語った。また外交消息筋は「韓国政府が、後になってホワイトハウスにSOSを送る恰好は良くないが、現実的で可能な手は全て動員すべき」と語った。

金慶和(キム・ギョンファ)記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

自分たちだけではどうにもならないからって

今度はアメリカに助けてもらおうとしている

韓国ってダサいですね。

自分たちがしてきたことは棚に上げて

反省もせずですか。

やはり韓国は韓国ということ。

関わってはいけない。

記事の中では

「アメリカが仲裁しないのが悪い」ということ

論調にもなってますね・・・

過去記事:韓国経済副首相、日本の輸出規制強化に対して「対抗措置」をチラつかせる

皆の反応

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする