日本の韓国への制裁によって、日韓は負の連鎖に突入!?

サーチナ

日本が韓国への輸出規制を強化、「日韓関係は負の連鎖に陥る」=中国メディア

 日本政府が半導体製造に使われる素材の韓国に対する輸出規制を強化する方針を打ち出した。経済産業省は1日、「韓国向け輸出管理の運用の見直し」を行うことを発表し、輸出手続きが簡素化される「ホワイト国」の対象から韓国を除外することや、有機ELディスプレイや半導体の製造に不可欠な材料の輸出規制を強化すると発表した。

中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報(電子版)は2日、中国政府系シンクタンクである中国社会科学院の李成日氏の見解として、韓国が日本に対する報復措置を打ち出す可能性は高く、日韓関係は負の連鎖に陥る可能性があることを強調した。

日本が韓国に対する輸出規制を打ち出したことについて、記事は、「西村康稔内閣官房副長は記者会見で、韓国の徴用工問題をめぐる対抗措置ではないと述べた」と紹介する一方で、日韓両国の信頼関係が失われていることについては「否定しなかった」と紹介。そして、日本が輸出規制を強化する3つの材料のうち、2つは日本企業が世界で圧倒的なシェアを持つと紹介し、日本が韓国への輸出規制を実行すれば、「すぐに他のサプライヤーを見つけることができない韓国企業は大きな打撃を受けることになる」と論じた。

続けて、韓国は文在寅(ムンジェイン)氏が大統領になって以降、日韓関係の発展は慰安婦問題や徴用工問題などによって阻害され続けてきたと指摘し、2018年10月に韓国の最高裁が元徴用工への賠償を命じると、日韓関係が抱える矛盾は一段とエスカレートしたと強調。一方、日本国内では2019年3月ごろから韓国に対する「制裁措置」の噂が存在していたことを紹介する一方、具体的な「日本がこれだけ迅速かつ厳しい制裁措置を発表するとは、韓国にとって驚き以外の何物でもなかったであろう」と主張した。

さらに記事は、「日本の韓国への制裁措置に対し、韓国はおそらく報復を打ち出してくるだろう」と予測し、日韓関係は今後さらに悪化することが予想されると強調。日韓の同盟国である米国ではトランプ大統領が「米国ファースト」を打ち出しており、米国の日韓関係への関心は高くないと主張、それゆえ日韓関係は今後も冷え込み続ける可能性が高いと論じた。(編集担当:村山健二)

韓国側の対応が

あまりにも日本を舐め腐りきってるので

日本はついに制裁を発動した。

ってことですよ。

日本は、国際裁判となっても

逃げることなく戦います。

韓国は竹島を自国の領土とし

「独島」などとしながら

国際裁判からは逃げる始末。

こんな国の相手をしてはいけません。

負の連鎖になろうとも

韓国とはまともに関わってはいけない。

過去記事:韓国、徴用工問題差し押さえ資産の現金化について、審理が本格化!!

皆の反応

去年の麻生さんの「警告」時から韓国ネチズンは本件を心配・予想していた、自己の弱みを知っている人たちも居たわけだ。
それが今回の本格的発動、大慌ての韓国。
なんだか「甘く見られていた日本」だった。
日本は毅然とした対応を、「武士は喰わねど高楊枝」「一寸の虫にも五分の魂」
フラッシュメモリーの生産が止まると、世界的に影響が出そう
中国は、嬉しそう。日本は、スッキリ。アメリカは、そんなの知ったことではない。韓国は、驚愕のあまり、あんぐりと口をあけて、アゴがはずれそう。
韓国が「ホワイト国」から外れた為、輸出入手続きが、包括的申請から個別申請に戻っただけの話で、2003年時点と同じ状態に戻っただけ。輸出規制はしてない。WTOの手前、あからさまな規制は出来ないからね。
韓国の国民よ何を騒いでいるのだ!嫌な事や嫌な物には目をつぶって無視すればいい、今まで何も無かったしこれからも何も起こらない明るい未来に向かって前進あるのみ、韓国マンセー
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする