青木理氏「警官が銃を持ってるから奪われる!!」

スポーツ報知

青木理氏「全員が銃を持つ必要がどれ位あるのだろうか」「考え直してもいいんじゃないか」

 18日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)では、大阪府吹田市の千里山交番で古瀬鈴之佑巡査(26)が刃物で刺され拳銃が奪われた事件で、強盗殺人未遂容疑で、住所不定、アルバイト従業員の飯森裕次郎容疑者(33)を逮捕した事件を特集した。

 ジャーナリストの青木理氏は「最近多いんですね。交番とか警察官が襲われて銃を奪うと。それに伴って銃を奪った後にさらに事件が起きてしまこともある」と指摘。

 「根本的な問題提起なんですけど、お巡りさんが本当にご苦労されてるんだけれども、全員が銃を持つ必要がどれ位あるのだろうかと。例えば、スタンガンみたいなものに持ち替えるとか。もちろん必要な時には銃を携行して、取り調べ犯人を追うとかってもこともあるんでしょうけれど」と提言し、「交番とか全ての制服のお巡りさんが銃を持ってるというのは、ある種のシンボルではあるんだけれども、リスクとかを考えたりすると、もう少し考え直してもいいんじゃないかという気がしはじめてるんです」と話した。

えっじゃあ凶悪犯に出くわした時

警察官はどうやって身を守るんですか?

スタンガンも良いですが

やはり銃は必要だと思いますよ。

銃を携行しないのではなくて

奪われないような工夫が必要だと思います。

指紋認証を導入して

撃つときに登録された指紋でなければ撃てないとか

何かしらの対応って出来ると思います。

銃を持たないってのは危険すぎますよ。

皆の反応

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする