朝日新聞「10代、20代の女性たちが韓国で楽しんでるよ!!」

朝日新聞デジタル

韓流、SNS世代が「第3の波」 訪韓日本人が過去最多

 日韓の外交関係が徴用工をめぐる問題などで「過去最悪」ともいわれる中、今年3月、日本から韓国を訪れた人が約37万5千人に達し、月別では1965年の国交正常化以来、最高を更新したことが韓国観光公社の調べでわかった。

SNSを通して韓国のファッションや食文化に親しむ10~20代の女性たちが、政治の壁を越えて交流を支えている。

1日、観光客でにぎわうソウル・明洞で、熊本県合志市の石川愛奈さん(23)と貴島小百合さん(23)がスーツケースを押しながらホテルを目指していた。道に迷うとスマホの地図アプリを道行く人に示し、身ぶり手ぶりで教えを求めた。

「韓国に来るのは3回目だけど、親切な人ばかり。国同士難しい問題はあるのは知っていますが、全然気になりません」

2泊3日の旅の目的は「服とコスメの購入」。お目当ての店はインスタグラムで調べてきたという。

同じ明洞で「黒糖タピオカミルクティー」で有名なカフェで並んでいた愛知県の天野花香さん(20)は、両親を誘って1泊2日で韓国に来た。「韓国はインスタ映えするおいしいものがたくさんあって、学生のこづかいで買えるかわいい服があるイメージです」

韓国観光公社によると、最近の日本からの観光客の主力はこうした10代、20代の女性という。これまでの過去最高は12年3月の約36万700人で、このときは中高年の女性が主力。公社のハ・サンソク日本チーム長は「政治に影響されない若い日本の女性が、新しい韓流ブームの影響を受け、韓日関係が梗塞(こうそく)状態にもかかわらず、こぞって韓国を訪れている」という。

10~20代の政治に疎いもしくは韓国を知らない人たちが

韓国に行っているのではないかと推測。

例えば、韓国のレストランでは残ったものを提供する可能性があること

ヤフー知恵袋より

質問:韓国で気をつけるべきことはありますか?

回答:

飲食店ではおしぼりは言わないと出てこない店が多いです。
ウエットティッシュ」または「ムルティッシュ」といえば出してきます。

あとローカルの店だと使い回しがあります。
早い時間か混み合ってる店だと、使い回しはありません。
早い時間なら作ったばかりのものだし、混み合ってる店は残飯は捨てる方が効率が良いので。

あと、(日本人)旅行者専用メニューをおいてる店は値段をふっかけています。
韓国語がないメニューはふっかけている、韓国語がメインで日本語や中国語が小さく添えているメニューならちゃんとした値段と考えて良いでしょう。

買物は現金とカードで値段が異なります。
デパート、スーパー、コンビニやチェーン店以外の値札がないか、値札がいい加減な店はふっかけてくることがよくあります。

ぼったくりタクシーもあります。
タクシーはオレンジ、シルバー、白、黒があり、ぼったくりタクシーは黒塗りをタクシーを装った’白タク’です。
オレンジ、シルバー、白は運転は荒いけどぼったくりはありません。
黒塗りは、どこでも良いのでホテルから乗るようにします。

人だかりやデモがあったら近寄らないこと。あと酔っ払いにも関わらないこと。
韓国人は一人一人は小心なので、反日感情をむきだすことはないけど、集団になったり、酒を飲むと何をするかわかりません。

夜は11時までにはホテルに戻ること。
明洞とか人通りが多い場所なら地下鉄の最終くらいまでは大丈夫ですが、人通りが少ない場所は治安がよくないです。

若い人は反日感情は少なく日本の漫画や音楽が好きな知日派いるし、マナーが良い人も多いけど、中年以上は日本嫌いやマナーがない人が少なくありません。

日本語を話す中年のいう「大丈夫」は信用しないこと。
韓国語の「大丈夫」は挨拶みたいなものです。

ほかにも細かいことはあるけど、最低限このくらいですね。

これ見ただけでも

個人的に行きたいとは思わないですね・・・

一部の過激な反日の人たち見てるだけでも

行きたいとは思いませんから。

韓国のアイドルだって

腹の中では何を考えているのか分かりませんし。

皆の反応

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする