これはひどい・・・中国当たり屋家族の実態。

Record China

頭がい骨骨折も!わが子に20回以上「当たり屋」をさせた親に非難殺到―中国

2019年5月29日、中国メディアの観察者網は、自分の実の子どもに20回以上「当たり屋」行為をさせた親に批判が殺到していると伝えた。

記事によると、16年8月から17年10月までの間に、14歳の男の子が妹や親と一緒に三輪タクシーに乗った際、「振り落とされた」としてタクシーから落ちる「当たり屋」行為を20回以上させられ、合計1万5000元(約24万円)以上を三輪タクシーの運転手からだまし取ったという。

三輪タクシーから落ちた時のけがの程度は毎回さまざまで、最もひどい時は頭がい骨を骨折したこともあるというが、両親はすぐに退院させて、10日もしないうちに再び三輪タクシーでの「当たり屋」行為をさせていたという。

後に両親は逮捕され、詐欺の罪で父親は罰金5000元(約8万円)、懲役1年の実刑となり、母親は罰金5000元、懲役1年、執行猶予1年6カ月となった。検察官は母親に対して何度も教育指導を行い、母親は深く反省しているという。

また検察官が、学校を訪問して兄妹に面会し、母親が深く反省していることを伝えたところ、妹は母親のことを非常に恋しがり、男の子も母親のことを理解し、一緒に生活し続けたいとの意思を示したという。しかし、父親と一緒に住むことは拒否した。そこで検察は、父親を逮捕して養育権を取り消したものの、母親については保釈することにしたという。

これに対し、中国のネットユーザーから「これはおかしいだろう。外に出してはだめだ」「このような両親からは養育権を奪って、社会福祉機構が介入すべき」「私は子どもが小さなけがをしただけで何日も心配になるのに、この親の命に対する見方には驚きを禁じ得ない」など、両親に対する批判のコメントが多く寄せられたという。(翻訳・編集/山中)

実の息子に当たり屋させて

しかも怪我まで・・・

ひどい親ですね。

この妹も、大きくなったら当たり屋をさせていたかもしれません。

こんな親と再び同居させてはいけない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする