謎の外国人の評価、中国料理サイコー!!日本料理は○○。

サーチナ

日本料理と中国料理の違いを、外国人が議論 その中身は・・・?=中国メディア

 中国メディア・東方網は23日、日本料理と中国料理の違いに関する外国人の分析を紹介する記事を掲載した。中国メディアが紹介しているだけあって、その見方はいささか中国料理びいきな印象を覚えるが、外国人は日本と中国の料理についてどういった点に違いを感じているのだろうか。

記事はまず、食材の違いについて言及している。気候風土の違いが日本と中国の食材に大きな区別を与えており、四方を海で囲まれた島国の日本は海産物が料理のメインになっていると紹介。一方、中国は非常に広大な国土を持っていることから食材の種類が多く、各地域に特色ある食べ物が存在するとし、この点については日本は中国と比較できるレベルにないとした。

続いては、「中国人は豚肉を好み、日本人は牛肉を愛している」との見方を紹介した。日本では高級和牛をはじめ、牛肉がより好まれる傾向にあるが、中国人は廉価な豚肉を好んで食べる傾向にあるとし、中国には豚肉を使ったおいしい料理が非常にたくさん存在するとした。また、豚肉はどんな材料ともマッチする使い勝手の良さもあり、この点も中国人が豚肉を愛してやまない理由の1つだと説明した。

さらに、日本人は生食を好む一方、中国人はよく火の通ったものを好むとし、日本人は生卵や刺身といった料理を食べ、温かい料理も冷たい料理も好んで食べるのに対し、中国人は生ものや冷たい食べ物は苦手で、湯気がもうもうと立つような温かい料理をこよなく愛すると紹介している。

このほか、中国料理は酸っぱい、甘い、苦い、辛い、しょっぱいという5つの味覚が特に重んじられ、メリハリの利いた味付けの料理が多いのに対し、日本料理の味は単一的であるとの意見を紹介。調理法についても中国料理は非常に多岐にわたるが、日本の料理は煮物を中心としたあっさり料理が多いと伝えた。(編集担当:今関忠馬)

日本料理の良さを全く分からない素人の評価だと思います。

その深さ、繊細さがわからない人には

日本料理の良さは一生わからないでしょうね。

中国料理は味がはっきりしていて

油たっぷりのイメージですけど。

好みもあるのでしょうが

味のわからない人の評価など

どうでも良いといっても差し支えないですね。

皆の反応

料理は文学の延長線上にある。

中華料理というが・・4大料理はそれぞれ別。それに満州族の料理が加わる

こんな誰かもわからない「外国人」が言ったらしいネタはどうでもいいんだが
日本にある中華料理店の中華料理はうまい! 和食はまったく相手にならない
中国本土は行ったこともないしあえて中国大陸の料理を食べてみようという「勇気」もない
料理は調味料を食うものと思っているんだろう
素材の微妙な味差がわからない人類には話しても無駄か
超辛い物、超熱い物、そして食い散らかし
それがグルメの国とは付き合えない
「日本料理の味は単一的である」と言っている時点で、繊細な中にも複雑な味を表現している日本料理を理解できていないのが分かる。要するに舌が鈍感なだけ。それがわからないから「単一的だ」としか感じられない。ハッキリした濃い目の味が好みなのは結構だが、あっさりした中にも複数の調味料を使用した複雑な味を理解できないからと「単一的」と決め付けるのは如何なものか。
同レベルの理解があって、はじめて比較ができる
『日本料理の味は単一的である』━━━この言葉が全てを物語っている。
以前目にしたニュース、東欧だったかの取材で奥さんが食器を洗剤で洗ったあとしっかり濯がず、うっすら泡が残ってる状態で乾燥させているのを「泡をちゃんと落とすことはしないんですか?」と記者が訪ねていた。
その時主婦の言った言葉が『洗剤はちゃんとしたメーカーが安全性を確認して商品化している。皿に残った程度のそれが口にはいっても「毒」になんかならない』
つまり、界面活性剤がついても食べ物の味の変化がわからない位の「味付け」で調理されてるものばかり食べているということなのだろう。
回転寿司にすら数種類の醤油が置いてある。なぜなのか理解できる外人さんは極めて少ないんだろうと納得できる。彼らの辞書には「繊細さ」という言葉は載っていないのだろう、こと料理に関しては。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする