安倍総理、駐日韓国大使に「強制徴用賠償問題」に対する適切な対応を求める。

中央日報

安倍首相、駐日韓国大使に強制徴用賠償問題「適切な対応」要求

  安倍晋三首相が、今月着任した南官杓(ナム・グァンピョ)駐日韓国大使と会談し、強制徴用賠償問題に対する適切な対応を求めた。

安倍首相は21日午後、首相官邸で着任挨拶のため訪問した南大使と会い、「徴用工問題」など韓日の懸案事項に関し日本の立場を伝え、韓国側の適切な対応を求めたという。

また、北朝鮮問題に関しては引き続き連携していくことを確認した。

これに先立ち、菅義偉官房長官はこの日午前、首相官邸で南大使からの着任挨拶を受けた際、「韓国政府の責任で問題を早く解決してほしい」と述べ、韓国政府が日本の仲裁委員会の開催要求に応じるべきだと主張した。

この問題は、韓国の国としての責任を果たすかどうか。

司法の判断に介入しないのは前提にあるが

これに関しては、既に1965年日韓基本条約が締結され

解決したことになっている。

これを無視して、国民の請求は別などという

わけの分からないことをしているようでは

既に国としての体を成していないということになる。

国民に反日感情を植え付け

国民の反日感情をコントロール出来ず・・・

政府に対する国民の反感感情が高まった時は

反日活動に勤しむ。

ダメだこりゃ。

皆の反応

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする