高齢化問題、北朝鮮拉致の一刻も早い解決を!!!!

産経ニュース

拉致被害者の「即時一括帰国」訴え 横田拓也さん「本当に時間ない」

【ワシントン=黒瀬悦成】北朝鮮による拉致被害者の横田めぐみさん(53)=拉致当時(13)=の弟、拓也さんと、田口八重子さん=同(22)=の長男、飯塚耕一郎さんは3日、米ワシントンでの講演会に出席し、拉致被害者全員の「即時一括帰国」に向けた国際社会の協力を呼びかけた。

拓也さんは、父親の滋さん(86)が昨年から体調を崩して入院を強いられており、事態がこれ以上長引けば両親がめぐみさんと会えなくなる恐れが高まると述べ、「本当に時間がありません」と訴えた。

また、北朝鮮が非核化を実現し、拉致被害者を即時一括帰国させれば「北朝鮮は明るい未来を開くことができる」と強調。即時一括帰国が実現しない限りは「(日本政府が北朝鮮に)経済支援をすることはない」とも指摘した。

飯塚さんも「拉致問題は国際社会全体の人権問題だ」と力説した。

講演会は、米政策研究機関「ハドソン研究所」と非政府機関(NPO)の「北朝鮮人権委員会」、日本政府が共催。北朝鮮で拘束され、2017年に昏睡状態で帰国直後に死亡した米大学生オットー・ワームビアさんの母親、シンディさんや、04年に中国で失踪し、北朝鮮に拉致された疑いのある米国人、デービッド・スネドンさん=当時(24)=の兄、マイケルさんらも出席した。

拓也さんと飯塚さんは、左藤章内閣府副大臣、拉致議員連盟会長の古屋圭司衆院議員らと共に2~3日、ワシントンで国務省のビーガン北朝鮮担当特別代表やポッティンジャー国家安全保障会議(NSC)アジア上級部長らと面会した。

横田めぐみさんが拉致されたのは

1977年当時13歳

今年で42年になりました。

ご家族も高齢になり

一刻も早く、本腰を上げて

拉致問題の解決をお願いします。

社民党のような「拉致問題などない」と

本気で言っていたような売国党は無視して

多少強硬なことも必要なのかもしれません。

北朝鮮が、このまま有耶無耶にして済まそうとしている

そんなことは絶対に許してはいけません。

世界各国とも連携を図りながら

解決を!!!!!

北朝鮮拉致問題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

北朝鮮拉致問題(きたちょうせんらちもんだい)は、北朝鮮の工作員が他国民を密かに北朝鮮へ拉致したとされる事件を受けて、拉致被害者と思われる失踪者を探す者ないし所属国が、情報提供ひいては拉致被害者の帰国を、北朝鮮政府に対して求めている問題。および、これらの交渉に関連した諸問題を指す。日本文化チャンネル桜によれば、現在北朝鮮は世界14ヶ国から拉致を行っていると報じられている。

詳細は「北朝鮮による日本人拉致問題」にて

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする