日本の小学校教科書が露骨に「竹島は日本の領土」を主張と韓国で伝える。

朝鮮日報

日本の小学校教科書、独島は「日本の領土」いっそう露骨に

 日本の文部科学省は26日、独島(日本名:竹島)について「日本固有の領土であり、韓国が不法占拠中だ」という主張などを載せた出版社10社の小学校社会科教科書に対する検定を承認した。

現行の教科書にも日本の独島領有権主張が掲載されているが、来年から使用する新しい教科書では従来の主張がさらに露骨になっている。

今回の検定は、安倍内閣が2017年に「学習指導要領」を改訂し、独島などを「日本の固有の領土」として扱うように指示して以降、初めて行われた。検定対象である3-6年生の12社の教科書のうち、10社の教科書に独島に関する日本の一方的な主張が載せられた。「日本の領土」ではなく「日本の固有の領土」と表記した教科書は従来の2社から6社に増えた。東京書籍の5年生用教科書など「韓国の(独島)不法占領に日本が引き続き抗議している」という内容を掲載した教科書も増えた。

韓国外交部(省に相当)の李泰鎬(イ・テホ)第2次官は同日午後、長嶺安政・在韓日本大使を呼んで抗議した。韓国外交部は報道官声明で、「日本政府が歴史的・地理的・国際法的に明白な韓国固有の領土である独島に対する不当な主張を盛り込んだ教科書を検定で通過させたことを強く糾弾する」と即刻撤回を要求した。

韓日間では強制徴用賠償問題をめぐっても確執が続いている。この前日の25日、日本の菅義偉官房長官は大田地裁の三菱重工業資産差し押さえ決定と関連して、「韓国政府が日韓請求権協定違反の状態を是正する具体的な措置を取らず、原告側による差し押さえの動きが進んでいることは極めて深刻だ」と述べた。菅官房長官と麻生太郎副総理兼財務相は強制徴用賠償判決に関して「経済的報復措置」に言及したことがある。

東京=李河遠(イ・ハウォン)特派員 , 安俊勇(アン・ジュンヨン)記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

日本固有の領土ですけど。

韓国が不法占拠してますけど。

何の問題もないことに興奮中の韓国。

竹島は日本の領土。

実効支配が続けば、国際的にも

立場が変わってくる可能性もある。

日本の政府は、主張するだけでなく

行動でも示してほしい。

皆の反応

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする