横綱白鵬が42回目の優勝!日本人トップは豪栄道!!

スポーツ報知

白鵬が史上最多更新の42回目優勝…平成最後の場所を最多更新15回目の全勝で締める

◆大相撲春場所千秋楽 ○白鵬(下手投げ)鶴竜●(24日・エディオンアリーナ大阪)

横綱・白鵬(34)=宮城野=が史上最多を更新する42回目の優勝を果たした。平成最後の本場所となった春場所で、3場所ぶりの優勝となった。

独走する白鵬に唯一1差で追っていた西前頭4枚目・逸ノ城(25)=湊=が、東前頭2枚目・大栄翔(25)=追手風=をはたき込んで食い下がったが、白鵬は平成最後の取組となった西横綱・鶴竜(33)=井筒=との結びの一番を制して全勝優勝が決まった。

全勝優勝も自身の最多記録を更新する15回目。34歳での全勝優勝は、89年秋場所の横綱・千代の富士(34歳3か月)以来の記録となった。

白鵬は鶴竜を左四つで組み止め、組み替え合う攻防を見せたが。最後は右四つから下手で投げてみせた。この際に右上腕を痛めた模様で、支度部屋でも苦痛の表情を見せた。

表彰式で賜杯を受け取る際には、右手が使えず、朝日山審判(元関脇・琴錦)にサポートしてもらう異例の状況となった。

優勝インタビューでは、次の時代に「平成13年から入門し、平成に育ててもらいました」とあいさつ。満員御礼の場内で観衆と三本締めを行った。

白鵬の42回の優勝はすべて平成になってからのもの。昭和の時代に記録された大鵬の32回を10回も上回る歴史的優勝記録で平成の大相撲史を締めた。

横綱白鵬が強いのは疑いようもない事実だが

相撲に真摯に取り組み

横綱としての品性を持ち合わせているかといえば

疑問が残る。

横綱のかち上げや張り差しはいかがなものか。

だが、これは個人的な感想であって

ルール上問題ない。

なので、何の問題もないと思う人がいてもおかしくない。

もしやっていなかったら、もしかしたら50~100勝ほど

マイナスになるかもね。

皆の反応

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする