韓国の孤立化、このままでは現実的になる!?

朝鮮日報

孤立無援の文在寅外交に懸念の声

 米朝非核化交渉の「仲裁者」「促進者」を自任していた文在寅(ムン・ジェイン)政権が交渉1年で米朝どちらからの信頼も得られていない状況に追い込まれている。米政府や民間では「仲裁者としての文大統領の信頼性が試されている」とされ、国連などでは韓国政府の対北朝鮮制裁や北朝鮮人権政策に対する警告が相次いでいる。北朝鮮も文大統領を仲裁者として認めないまま、公の場での接触を避けている状況だ。ところが、韓国大統領府関係者は17日、「ハノイ会談は決裂したが、肯定的な点は多い」「今まで通り、北朝鮮に対する融和的な姿勢を維持する」と語った。国際社会から警告が発せられているのにもかかわらず、政府が経済協力をはじめとする南北関係強化方針に固執するなら、まかり間違えば外交的に孤立無援の状態に陥る恐れがあると懸念の声が上がっている。

米紙ワシントン・ポストは15日(現地時間)、「ベトナムのハノイで行われた2回目の米朝首脳会談以降、仲裁者としての文大統領の信頼性が試されている」「北朝鮮でも完全に(仲裁者として)認められたわけではないと見られる」と評した。文大統領は米国だけでなく、関係が良いと言ってきた北朝鮮からも実は信頼されていないということだ。同紙はその根拠として、北朝鮮の崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官が15日の記者会見でした発言を紹介している。崔善姫次官は「文大統領は朝米対話のため苦労しているが、南朝鮮(韓国)は米国の同盟国であるため『プレイヤー(player)』であって、『仲裁者』ではない」と言った。外交消息筋は「文大統領はこの1年間で3回も金正恩委員長と会って親密さをアピールしたが、朝鮮からもそっぽを向かれたと言える状況だ」と語った。

国際社会においても韓国の立場がなくなってきている。国連安保理の対北朝鮮制裁委員会専門家パネルは最近の報告書で、韓国政府が昨年、北朝鮮の開城に連絡事務所を設置して石油を搬出したことについて、制裁違反の可能性があると指摘した。日本との関係は最悪の方向に向かっており、中国との非核化外交も事実上、立ち消え状態だ。外交官を務めた経験のある人物は「韓国の外交が現在のようにバランスを失って漂流を続ければ、『ガラパゴス』状態になるかもしれない」と懸念を示した。

韓国の国際的な信用もガタ落ちですね。

文大統領には力がないということも証明されましたし

北朝鮮と影でこそこそしていることも疑われています。

半分孤立しているような状態。

日本が制裁をする可能性もありますからね

これからどうするのでしょうか・・・。

皆の反応

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする