痛くて泣いている子供を家に置き去りにしてまでパチンコに行く親

日刊ゲンダイDIGITAL

火傷の3歳女児を放置しパチンコ 逮捕バカップルの鬼畜ぶり

「ネットでやけどの治療法を調べてラップで巻いた」

全身にやけどを負った長女(3)をラップでグルグル巻きにし、自宅に放置したとして、母親の無職、橋本佳歩(22=横浜市鶴見区)と同棲相手の運転手、田中聡(21)両容疑者が5日、保護責任者遺棄の疑いで神奈川県警鶴見署に逮捕された。

「ママがいない」

朝から雨が降りしきる4日夕方、女児の兄の長男(5)がパジャマ姿で近所の自動車修理工場を訪れ、作業中の男性経営者にこう訴えかけた。

男性は長男と一緒に自宅に行き、様子がおかしいと感じたため、警察に通報。駆け付けた署員が室内に入ると、意識がもうろうとし、布団の中で横たわっていた女児を発見。女児は上半身裸でおむつをしていて、やけどを負った背中から腰にかけてグルグルとラップで巻かれていた。

母親と田中容疑者は、長男と長女を家に置き去りにしたまま、2人で正午ごろからパチンコ屋に行き、午後9時ごろ帰宅。女児は3カ月以上の入院が必要だという。

調べに対し母親は、「数日前、2人で入浴中、誤って熱湯のシャワーをかけてしまった」と、供述している。

昨年5月、母親は子供2人、祖母の4人で埼玉県草加市から横浜市鶴見区に転居。その後、子供2人を連れて、3人で同区内の田中容疑者の家に移った。

「転入にあたり、草加市から鶴見区に『支援が必要な世帯』ということで、引き継ぎがあった。母親の年齢が若いこともあり、養育が十分に行き届かない点が心配され、また母親はこれまで交際相手が代わると、その男の家に子供を連れて転がり込んでいた。そのため、いつ何時、どこに行くか分からず、行方不明になる恐れがあることから、区が継続的に支援をしていた」(捜査事情通)

■日常的に放置していた可能性も

昨年11月初旬、親族から児童相談所に「母親が子供を怒鳴ったり、お尻を叩くので心配している」という相談があったため、祖母と母親、田中容疑者、長女の4人を交えて、区と児童相談所の職員が面接をした。その際、母親は「下の子が排泄を失敗したりすると、イライラしてお尻を叩いてしまう」と話し、助言をしていた。

今年1月25日、長男が通う保育園から「しばらく登園していない」という連絡があり、30日に区の担当者が家庭訪問をしたが、母親は体調を崩し、寝込んでいて会うことができなかったため、田中容疑者が家事と子供2人の面倒を見ていると話していたという。

子供2人は4月から自宅に近い保育園に入園することになっていて、その説明会が3月2日に予定されていた。しかし、1月30日以降、連絡が取れなくなり、2日の説明会にも家族は姿を見せず、4日、事件が発覚した。

「母親は体調を崩していたという事情もあって、全く働いていなかった。以前から子供を置きっぱなしのまま、家を空けていたことがあり、日常的に放置していた可能性もある」(前出の捜査事情通)

全身にやけどを負って泣きじゃくる幼子をラップでグルグル巻きにして、パチンコに出掛ける母親が存在すること自体、信じられない。

小さな子供を家に置き去りにしてパチンコに出かける

狂っている親。

その交際相手の男も狂っている。

こんな奴らは子供が出来るような行為をするなと言いたい。

それに、置き去りにする人間はよくパチンコ屋に行く。

パチンコ屋なんかなくなってほしい。

皆の反応

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする