3歳娘の火傷を放置してパチンコしに行く親。やはりパチンコは廃止すべき。

産経ニュース

大やけど放置 長男は「必死の様子」、助け求められた男性証言 神奈川

 横浜市鶴見区で5日、やけどを負った長女を放置していたとして、保護責任者遺棄容疑で母親と同居の男が逮捕された事件では、近所の男性に長男(5)が助けを求めたことが発覚につながった。男性が同日、産経新聞の取材に応じ、「『お母さんに会いたい』と言われ、手を強く握られながら家まで一緒に行った」などと事件発覚前の長男らの様子を証言した。

長男から助けを求められたのは、近くの自動車修理工場の増渕拡昌さん(49)。4日午後4時半ごろ、雨が降りしきる中、作業中の増渕さんのもとに、パジャマ姿で雨にぬれた長男が飛び込んできた。増渕さんに対して「お母さんに会いたい」と話しかけてきたため、「おじさんが家まで連れて行ってあげる」と家まで同行したという。

朝日新聞デジタル

大やけどの3歳長女を放置容疑、母親と交際相手を逮捕

 3歳の長女が大やけどを負っているのに放置したとして、神奈川県警は5日、母親で無職の橋本佳歩(22)=横浜市鶴見区=と、同居する交際相手の自称運転手田中聡(21)の両容疑者を保護責任者遺棄の疑いで逮捕し、発表した。調べに2人は容疑を認め、「パチンコに行っていた」と供述しているという。

県警などによると、2人は4日正午ごろ、やけどを負った長女に治療を受けさせず、自宅で放置した疑いがある。長女は背中から腰にかけて3カ月以上の入院が必要な重傷。母親は「シャワーを浴びた際、過って熱湯をかけた」と説明しているという。

長男(5)が近くの会社事務所に「ママがいない」と訴え、事務所関係者が通報。橋本容疑者宅に署員が駆けつけたところ、長女は意識がもうろうとした状態で布団に横になり、腰のあたりにラップが巻かれていた。午後9時すぎに帰宅した橋本容疑者らから県警が事情を聴いていた。事件の発覚後、長男は児童相談所に一時保護されたという。

ひどい親ですね。

こんなことをするとか

常軌を逸している。

シャワーの熱湯なんてウソにしか聞こえない。

虐待の疑いがありますね

この交際相手と共謀しているかもしれません。

こういうことは絶対に許せない。

抵抗することの出来ない子供に

大人がこんなことをするのは

絶対あってはならない。

パチンコなんて論外。

パチンコ屋はすべて廃止するべきだ!!!!!!

親の体罰を禁止する法律を作るのもいいけど

児童相談所の権限をもっと持たせる事が必要。

皆の反応

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする