健康な国ランキング、日本は何位??

Record China

世界で最も健康な国、日韓の順位は?=韓国ネット「精神の健康は170位」「この程度ならすごい」

2019年3月3日、韓国・ニュース1はこのほど、「世界で最も健康な国はどこ?韓国は17位」と題する記事を掲載した。

記事はブルームバーグの「健康な国」指数(Healthiest Country Index)について伝えている。この指数は169カ国を対象に期待寿命と衛生・水質など健康に影響を与える要因を基に国の順位をつけ、喫煙と肥満といった危険性などについて警告する調査。それによると、10位圏内は欧州6カ国、アジア2カ国、中東1カ国が占めたという。

最も健康な国にはスペインが選ばれた。この理由について記事は「高いレベルの医療体系も一役買った」と伝えている。スペイン以外にも、欧州諸国からはイタリア(2位)、アイスランド(3位)、スイス(5位)、スウェーデン(6位)、ノルウェー(9位)が選ばれた。アジアからは日本(4位)とシンガポール(8位)がランクイン、豪州(7位)とイスラエル(10位)も順位を上げたという。韓国は前年より7ランクアップの17位、中国は3ランク上がって52位となったという。

一方で、米州諸国は相対的に順位が低かった。世界銀行が所得の低い国に分類したキューバ(30位)の順位が米国(35位)より5ランク高い結果となり、低所得国としては唯一高い順位だったという。

これを受け、韓国のネット上では「精神の健康は170位かもね」「正直言って、韓国のようなストレス社会でこの程度ならすごくない?」「韓国が10位以内に入るのは難しいと思う」「大気汚染のせいで最悪」などの声が上がっており、自国の評価は低めの様子だ。

また米国の結果も注目を浴びており、「つまり、医療体系は米国をまねしちゃだめってこと」「米国は医療途上国。これが医療を所得に焦点を当てた国の実態。それを韓国は取り入れようとしてるなんて、子孫を殺すようなもの」といったコメントが見られた。(翻訳・編集/松村)

火病が考慮されれば

もっと低くなるかも。

日本の4位ってのは

医療技術や平均寿命の影響??

健康的に長生きできればそれが一番。

アメリカは不健康なんですね~

健康よりも好きなことってことでしょうか。

火病とは

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

火病(ひびょう、かびょう、ファビョン、朝: 화병)もしくは鬱火病(うっかびょう、うつひびょう、ウルァビョン/ウラビョン、朝: 울화병)は、文化依存症候群(文化結合症候群)のうち、朝鮮民族特有の精神疾患[1]と指摘されている病気である。

2015年1月27日の就職ポータル「Career」の調査によると、韓国の会社員の90.18%が職場で火病の経験があると答えたとされている。

概説

火病または鬱火病は、怒りの抑制を繰り返すことで、ストレス障害を起こす精神疾患を指す。

現行の『精神障害の診断と統計マニュアルⅤ』には記載がない。

アメリカ精神医学会は、火病を「朝鮮民族特有の文化依存症候群の一つ」として扱い、『精神障害の診断と統計マニュアルⅣ』の付録である、文化に結びついた症候群に記載が見られる

火病は症候として、疲労、不眠、パニック、切迫した死への恐怖、不快感、食欲不振、消化不良、動悸、呼吸困難、全身の疼痛、心窩部に塊がある感覚などを呈する。

引っ込み思案で弱気な40代以上の女性の間で多く見られ、原因としては家族間でのいさかいなどの個人や家庭に起因するもの、貧困や苦労などの社会経済的な問題に起因するものなどがあり、それらを解決しようにもうまくいかないことによる諦め、怒り、悲しみなどが挙げられる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする