「ダムカレー」まさかの不謹慎呼ばわり・・・日本ダムカレー協会が猛反発!!

BIGLOBEニュース

「ダムカレーは不謹慎」に物議

ダムをモチーフにしたカレー「ダムカレー」が「不謹慎」と訴える記事が建設系のメディアに掲載され物議を醸している。国内のダムカレーの情報を集めている日本ダムカレー協会は、この主張に「過疎化に悩むダム水源地の方々が考えだしたもの」と反論。多くの批判が集まり、不謹慎と訴える記事は削除された。

物議を醸したのは、建設系メディア「施工の神様」に掲載された「ダムカレーは不謹慎だ、ふざけるな!被災地の土木屋が大激怒」という記事。執筆者は災害の復興工事に携わっている土木技術者で、「ダムカレー、ビルカレーという、こうした名称のカレーの存在を知った私は、実に不愉快で、怒りを感じざるを得なかった」という。

執筆者によると、ごはんをダム、カレールーを貯水池に見立てた「ダムカレー」の壊して食べるという行為は、多くの人が亡くなり、家屋やビルが倒壊した悲惨な災害を連想させ、「悪ふざけにもほどがある」とのこと。「被災などが続いているこの状況で、あまりにも軽率な行動ではないだろうか」、被災地の状況を見ても「ダムカレー、ビルカレーを壊して食べることができるだろうか」と疑問を呈している。さらに、「GUCCIのセーターが黒人差別を連想させるとして販売中止となったが、あの事件とも似た不快感を、ダムカレーとビルカレーに感じざるを得ない」とも主張。「私にとって、ダムカレー、ビルカレーは、施工管理技士に対する侮辱であるとハッキリ言わせてもらう。やめていただきたい!」と締めくくった。

この記事に対し、日本ダムカレー協会はTwitterで「多くのダムカレーは、過疎化に悩むダム水源地の方々が考えだしたものです。ダムカレーで、少しでも活気が取り戻せたらという気持ちから誕生しています」とコメント。他にも、「食べるときに壊れるのはあくまでライスであって、ダムじゃないぞ!」「ダムカレーは『郷土愛』『ダム愛』から生まれた芸術作品なんだ。狭量な批判など一切気にせず作り続けてほしいと思います」といった批判が寄せられ、記事は削除された。

これって、被災者の気持ち考えろ系ですね。

確かに、被災者の方々の気持ちを

汲んであげなければならないこともあります。

ですが、だからと言って

何でもそうしなければならないというわけではないです。

このダムカレーは、どう見ても町おこしとして

日本中に広がっています。

何の問題もないと思いますよ。

何にでも敏感になりすぎるのは

どうかと思います。

ダムカレー、一度食べてみたい!!!

ダムカレーについて

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

ダムカレーとは(主に)ご飯をダム、カレー(カレールー)をダム湖に見立てて器に盛りつけたカレーライスのこと。

ダムカレーの特徴

ダムカレーはダムに見立てたご飯の片側にカレーを盛り付けるため、器の下流側が空いてしまう特徴がある。そのため、三州家のダムカレーとみなかみダムカレー以外の多くのダムカレーは、下流側にサラダなど副材を入れる傾向にある。多くの場合、ダムカレーは特別メニューとしての位置づけがなされるため、食材でダムやダム湖の周りの景観をイメージしたり、地域の特産品を使用したりすることが多い。

また、八ッ場ダムカレーのように堤体をかたどった陶器製の仕切りを皿の中央部に置き、ダム湖側にカレー、下流側にご飯を盛り付けたものや、しばたアスパラダムカレー(新潟県新発田市)のような特殊容器にカレーを入れるものなど、その形状は多様化している。

地域振興策としてのダムカレー

ダムカレーは、ダムカードと並んでダムを観光資源化するインフラツーリズムによる地域おこし効果をもたらすとして期待されている。

東北でダムの人気が高まっており、「日本ダムカレー協会」によると、東北のダムカレーは26を数え、東北6県全てで販売実績がある。
茨城県城里町では、町の活性化を目指す高大官連携プロジェクトの一環で地元の高校生と大学生らが藤井川ダムカレーをクラウドファンディングで寄付金を募り企画・開発し、2018年に発売から2ヶ月半で1千食を売り上げた。
最近ではダムの完成50周年や60周年記念としてダムカレーの提供を始める地域もあり、さらに建設中のダムでもダムカレーを提供しているところもある。常設店舗のメニューとしてではなく、イベントやツアーなどでの限定商品としてダムカレーが提供されることもある。
地場の野菜などを使われる地産地消型のメニューを売りにしていることが多い。

皆の反応

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする