「いきなり!ステーキ」ニューヨークでの誤算・・・アメリカ人ってそんなに○○だった!?

共同通信

「いきなり!ステーキ」米で苦戦 本場で厚い壁、6割を閉店

 【ニューヨーク共同】ステーキ店チェーン「いきなり!ステーキ」を運営するペッパーフードサービスは14日、ニューヨークにある11店のうち6割超に当たる7店を閉店すると発表した。残る4店のうち2店を業態転換する。ステーキの本場、米国の厚い壁にはね返された形で、いったん事業を縮小して出直しを図る。

ペッパーフードは2017年2月に海外初の「いきなり!ステーキ」をニューヨークに出し、2年足らずで急拡大させた。しかし米国ではステーキは特別な日に食べるというイメージが強く、同社が提案した「ステーキを手軽に楽しむ」という文化は広がらなかった。

アメリカ人ってしょっちゅうステーキ食べていると思ったら

そうでもないんですね。

立ち食いスタイルでステーキも馴染まなかったんでしょうね。

日本国内でも手を広げ過ぎているのでは?

ステーキだからでしょうけど

価格も食べに行こうと思う価格設定ではありませんね・・・。

ちょっと高い気がしますけど

やはり、それほどの価値があるということでしょうかね。

皆の反応

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする