韓国棚上げ外交部、いつも思うのは「お前が言うな!」

中央日報

韓国外交部「河野外相の発言、事実なら不適切…確認中」

河野太郎外相が康京和(カン・ギョンファ)長官の訪日について「きちんとした答えを持ってこないかぎり来日されても困る」と言及したことに関連し、韓国外交部が事実確認をしていると明らかにした。

外交部当局者は27日、記者団に対して「メディアで言及された河野外相の発言については正確な発言が何だったのか確認中」と明らかにした。

これに先立ち、NHKなど日本メディアによると、自民党外交部会は韓国国会議員が独島(ドクト、日本名・竹島)を訪問したことを非難する内容をまとめた決議書を河野外相に手渡した。この席で、河野外相は康長官の訪日の可能性に関連し、強制徴用判決と和解・癒やし財団の解散問題をめぐって、韓国政府のきちんとした答えを持ってこなければ困るという立場を明らかにしたと伝えられた。

外交部当局者は「もし外相の発言が事実なら、外交関係を管理する外務大臣として非外交的であり、不適切な発言だと考える」としながら「韓国政府は最近、日本の責任ある指導者が大法院(最高裁)の判決に関連して問題の根源は度外視したまま国民感情を刺激するような発言を繰り返していることに対して非常に懸念している」と強調した。

先に不適切な判決をしたのは

韓国なんですけどね。

日本は不適切なことはしていませんよ。

こんなめちゃくちゃな判決を世界が味方に付くはずもなく

世界から孤立する朝鮮半島。

それでも我が道を行く韓国は

日本に関わらないでいただきたい。

Wikipediaより

康 京和(カン・ギョンファ)

1955年4月7日生韓国の外交官、政治家

現在は同国外交部長官(外務大臣に相当)を務めている。世宗大学校の英語英文学科助教授なども務めた。

Wikipediaより

河野 太郎(こうの たろう)

1963年(昭和38年)1月10日生日本の政治家

自由民主党所属の衆議院議員(8期)、外務大臣(第131・132代)

国家公安委員会委員長(第91代)、内閣府特命担当大臣(規制改革、防災、消費者及び食品安全)、自由民主党行政改革推進本部長、自由民主党幹事長代理、法務副大臣、総務大臣政務官、衆議院決算行政監視委員長・外務委員長等を歴任した。

父は、元衆議院議長の河野洋平。副総理兼東京五輪担当大臣、建設大臣、行政管理庁長官、農林大臣を務めた河野一郎は祖父、参議院議長を務めた河野謙三は大叔父に当たる。

皆の反応

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする