大阪人は納豆が嫌いなイメージだったけど、実は半分以上の人が好きだった!!

産経新聞

「大阪人は納豆嫌い」は嘘…「好き」過半数、支出4倍

 「大阪人は納豆嫌い」という“常識”はもはや通用しない。

実は納豆に対する大阪市の家庭の支出はこの30年余りで4倍超に増え、近年も高い伸びを示している。大阪の街頭で聞くと、ほとんどの人が食べており、過半数の人が「納豆が好き」と回答した。納豆は関西でもコンビニエンスストアやスーパーで売られ、日常的な食材の一つ。江戸時代には関西で食べられていたとする文献もある。なぜ、関西で納豆が嫌われると思われる一方、近年は好かれるようになったのか。(張英壽)

ほとんどが食べる、「食わず嫌いだった」とも

「納豆ですか? 食べますよ。好きなほうです。朝も、夜も食べる。両親や兄弟も食べるし、においも気にならない」

大阪府河内長野市の男子大学生(22)はこう打ち明けた。「健康に気を使っていることもあり、納豆をおかずに加えている」という。「関西人は納豆が嫌い」という通説があると水を向けると、「そんなことは知らない」と答えた。

「納豆をふだん食べているか」「納豆が好きか」。大阪・ミナミ(大阪市中央区)の街頭で、質問してみた。19~57歳の大阪府民の男女31人が回答し、「好き」は過半数の16人、「好きでも嫌いでもない」は12人、「嫌い」は3人だった。

「嫌い」の3人は全く納豆を食べないと答えたが、残りの28人は頻度の違いこそあれ食べていた。

冒頭の男子大学生に頻度について明確に聞けなかったが、頻繁に食べているようだった。残りの27人は、「毎日」「あったら毎日」「食べるときは毎日」6人▽「週2~4回程度」5人▽「週1~2回程度」5人-など。

「好き」と答えた大阪府高石市の男性会社員(48)は「両親が食べなかったので、食卓に上らなかったが、20年近く前に食べたところ、おいしかった。食わず嫌いだった」と振り返った。

同府岸和田市の男性会社員(53)は「好きでも嫌いでもない」だが、毎日食事に取り入れており、「体にいいと思って食べている。においは気にならない」と教えてくれた。健康を理由に食べる人はほかにもおり、ヘルシー志向が消費を後押ししているようだった。また、スーパーで数パック100円程度で売られている安さや、かきまぜれば食べられる手軽さを利点に挙げる人もいた。

食べる時間帯については、全員に聞けなかったものの、31人中9人が「夜」と回答。納豆は朝食というイメージが強いが、忙しい朝の時間帯を避けて夕食でじっくりと味わっているようだ。

東高西低で全国47位も「伸びしろある」

総務省(旧総務庁)の家計調査は、さまざまな品目の1世帯あたり(2人以上)の年間支出額を調査している。47都道府県庁所在地と5政令市別にみると、大阪市の納豆の年間支出額は、昭和60年の672円から昨年は2757円と、33年の間に4・1倍に増加した。特にここ数年の伸びが大きく、平成23年~昨年は、1661円から2757円と1・7倍に上昇しており、昨年はこの33年で最高額だった。

一方、「水戸納豆」で知られる水戸市では、昭和60年の4606円から昨年は5513円と、1・2倍の増加にとどまっている。この間、増減を繰り返しているものの、大きく言えば、平成9年の8314円をピークに減少傾向となっている。

しかし、昨年の支出額で大阪市と水戸市を比較すると、水戸市は大阪市のほぼ2倍だ。

平成27~29年の3年平均で47都道府県庁所在地と5政令市の順位をみると、水戸市(5434円)は4位だが、大阪市(2536円)は47位と大きく引き離されている。同じ大阪府の堺市(2741円)も45位と低い。ちなみに1位は福島市(6092円)、最下位52位は和歌山市(1795円)だ。上位は東北や関東、下位は関西や四国、中国地方の都市が入り、「東高西低」の傾向が顕著に現れている。

ただ、大阪市や堺市、和歌山市など支出額が低い都市は、納豆がさらに消費される可能性を秘めているともいえる。

納豆メーカーでつくる関西納豆工業協同組合の筆頭理事で、相沢食産(兵庫県福崎町)の相沢勝也社長は大阪市の納豆人気について「安いし、食べてみたら結構おいしいということで、伸びているのでは」と分析したうえで、「ただまだ食べていない人が多いということは、伸びしろがあるということでもある」と指摘。今後も大阪市などで消費が伸びる可能性を示唆する。

「関西には食べる習慣ない」俗信は真実ではない

そもそも大阪など関西では、納豆は好まれないとされてきたが、納豆メーカーでつくる全国納豆協同組合連合会の広報担当者は「江戸時代には、関西でも納豆は食べられていた。だが、その後、あまり食べられなくなり、『関西人は納豆を食べない』という説が広まっていった」と指摘する。

一昨年出版された石塚修・筑波大教授(日本文化研究)による「納豆のはなし 文豪も愛した納豆と日本人の暮らし」(大修館書店)では、江戸時代の文献に、納豆が現在の京都市下京区内で出回ったという記述があることを紹介し、「『関西には納豆を食べる習慣がない』というステレオタイプの俗信は真実ではない」と指摘している。

では、なぜ関西であまり食べられなくなったのか。同書では、関西の納豆は「自家製が中心」で、「農村部での自家製造が衰退するにともなって食べられなくなった」とし、「納豆の食品としての流通経路が関西圏では構築され」なかったことを挙げている。これに対し、江戸・東京では、「なっと、なっとう」と納豆売りが練り歩く光景が日常化し、業者による製造と流通の経路が確保されていた。

石塚教授は取材に、「関西であまり納豆が食べられなくなったのはおそらく高度成長期以降だろう。親世代が食べないと、次世代は食べなくなり、その次の世代は存在も知らなくなる。その間はざっと約30年だ。関西を含めた農村では、田んぼのあぜで大豆をつくり、その大豆からみそや納豆をつくったが、その習慣がなくなり、食べられなくなったのだろう」と説明する。

100回混ぜるべし、出できた糸がうまみ

関西で納豆に関するヒットも出ている。大阪府内の草分けの納豆メーカー「小金屋食品」(大阪府大東市)が平成28年に、カップ入りの納豆を、豆の大きさ、トッピングから選べる直営店を大阪市西区にオープンし、女性客らをつかんでいる。

店名は「納豆BAR小金庵」(電話06・6449・3120)。国産にこだわった納豆で、豆を大粒▽小粒▽ひきわり-の3種類から、トッピングを、タマネギ▽おぼろ昆布▽鰯(いわし)けずり節▽赤しそ▽うずら卵▽青唐辛子味噌(みそ)▽初摘(つ)み海苔(のり)▽キムチ▽ラー油奈良漬け-の9種類から選ぶ。トッピングなどを選べるカップ納豆は270~292円(税込み)。

客層は7割が女性。吉田恵美子社長(54)は「女性は選ぶことが大好き」と店のねらいを説明し、「当社は社員、パートとも女性ばかりで、女性の目線を大切にしている」と話す。

さっそく、試してみることにした。大粒の商品を買い、試食してみる。納豆はまずかき混ぜることが大事。「納豆のはなし 文豪も愛した納豆と日本人の暮らし」では、食通で知られた陶芸家の北大路魯山人(きたおおじ・ろさんじん 1883~1959年)が、かき混ぜると出てくる納豆の糸を「出せば出すほど納豆は美味しくなる」と記したことを紹介している。

はしでかき混ぜてみると、糸がどんどん出てくる。どれくらい混ぜればいいのか。吉田社長は「糸がうまみ」と強調し、「混ぜれば混ぜるほどよい。100回くらい混ぜたらおいしいが、少なくとも20~30回は混ぜてほしい」という。

繰り返しかき混ぜていると、強い粘りが出てきて、パチパチというような音がし始めた。吉田社長は「糸が絡み合う音がするのがいい納豆。工場で検品する際には、この音が出るかどうか確認する」と教えてくれた。頃合いを見はからってはしを止め、細かい糸がたくさん出てきた納豆を何もつけずに口に入れると、大豆の香りが広がった。

取材の最中も、女性を中心に多くの人たちが来店し、商品を買っていった。創業者の父が急死し、11年前に跡を継いだ吉田社長は「大阪に納豆文化を根付かせたい」と思いを語った。

元々食べる習慣がそんなになかっただけで

食わず嫌いが多かったみたいですね。

ドンドン納豆の消費が増えている!!

これは、納豆好きになるかもしれませんねw

ちなみに、私の家の冷蔵庫には

切れることなく、納豆が入っていますw

以前実施した、Jタウン研究所の調査でも・・・

「納豆嫌い」多い県は? 現代の「納豆格差」、全国アンケートで判明

 納豆は健康食品として高い評価を受けている。東京では江戸の頃から納豆売りが毎朝「なっと~ぉなっと」と呼び歩いていたそうだ。
その一方で「あの匂いが生理的に受け付けない」「喉を通るときのネバネバが嫌で仕方がない」という人もいる。
食文化を語るとき「関西人は納豆嫌いが多い」としばしば語られる。ところが東京に住む関西出身者に聞いてみると、かなりの人が「普通に食べる」と話す。

実際のところはどうなのだろう?

 そこで2014年7月24日から8月25日までの約1カ月間、「納豆、嫌いですか?」というテーマでアンケートを実施したところ、全国から1532人に投票いただいた。

納豆に否定的な日本人は約4分の1

6割以上の人が「大好き」または「好き」と回答した一方で、「あんまり好きじゃない」あるいは「大嫌い」に投票した人も約25%存在することが判明した。

続きはこちら

town20140828natto_osaka.jpg

4年前の調査でも、意外に納豆好きが多かった。

たこ焼きに納豆もありだと思いますよ!!

って言ったら、怒られそうだけど…。

皆の反応

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする