竹島問題を国際司法裁判所でハッキリさせようとしている日本とハッキリさせようとしない韓国。つまりそういうこと。

Record China

日本の厳重抗議もお構いなし!韓国議員が予定どおり竹島訪問へ=韓国ネットから称賛の声

2018年10月17日、韓国・ニュース1によると、韓国国会の教育委員会所属の議員らが、22日に予定されている竹島訪問計画を「予定どおり行う」と発表した。

日本の外務省は11日、韓国の議員13人の竹島訪問計画について「外交チャンネルを通じて韓国側に厳重抗議し、中止を求めた」と明らかにしていた。これに対し議員らは17日、「韓国の土地に韓国の国会議員が行くのは当然のこと。日本政府が干渉することではない」などと述べ、計画を予定どおり進める考えを示した。

議員らは竹島上陸後、日本の歴史歪曲(わいきょく)を批判するパフォーマンスなどを行う計画という。

これに、韓国のネットユーザーからは「国会議員がやっと仕事をしてくれた」「いいぞ!韓国人が韓国の土地に行くのだから何の問題もない」「日本の議員はパスポートがなければ上陸できない。これが現実だよ」など、議員らの決定を支持する声が多く寄せられている。

また「独島(竹島の韓国名)訪問も大事だけど、独島を守るための軍事的な備えをするべき」「日本はやりたい放題。韓国も対馬の領有権を主張するべきでは?」「いっそのこと、国会議事堂を独島に移しちゃえば?」と主張する声も見られた。(翻訳・編集/堂本)

韓国の皆さんは何を勘違いされているんでしょうか。

竹島は日本固有の領土です。

国際司法裁判所で白黒ハッキリさせようと言っているのに

出てこない韓国っておかしくないですか??

結局、裁判すると負けるから出てこない。

でも、実効支配さえしてしまえば

いつかは韓国の領土になると思っているからですよね。

日本は、早く行動すべきだと思います。

竹島が日本の領土であると主張するのなら

竹島を奪還するべきです。

手遅れになる前に。

竹島問題について

Wikipediaより

竹島(たけしま)は、日本海の南西部に位置する島嶼群で、急峻な地形をなす2つの島と周辺の岩礁からなる。1952年以降、韓国が占領(実効支配)を継続しており、日本および北朝鮮がそれぞれ領有権を主張している。「竹島」は日本における呼称で、韓国・北朝鮮では「独島(獨島、トクト、독도、Dokdo)」、第三国では中立的立場から「リアンクール岩礁 (Liancourt Rocks)」等と呼ばれている。

本来は人の住みにくい環境であることから無人島であったが、1946年、連合国司令部がSCAPIN 第677号で竹島(独島)を日本の施政区域から除外した後、韓国が実効支配を実施し、1952年1月には李ライン(平和線)を設定して竹島を韓国側水域に含めた。韓国は、1952年4月にサンフランシスコ条約が発効した後、武装警察官を多数常駐させて実効支配を続けている。日本はこれに対し「不法占拠」であるとして抗議を続けている。しかし韓国側は、独島(竹島の韓国名)は歴史的・地理的・国際法的に韓国の固有領土であると主張し、独島問題に領土問題は存在しないという立場を取っている。

領土問題は存在しないから、話す事はない。

つまり、逃げてるってことです。

ちなみに、日本は尖閣諸島について

この勧告と同じ主張をしていますが

ひとつだけ違うのが、国際司法裁判所からは逃げないということです。

中国が提訴してきたら、逃げずに争う立場を取っています。

それなのに、国際司法裁判所に訴えない中国ってやはり・・・。

この二つの国には要注意ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする