【Record China】プルコギなど韓国料理の起源は日本 コラムニストの発言に非難

Record China

プルコギなど韓国料理の起源は日本 コラムニストの発言に非難

2018年10月2日、韓国・国民日報によると、「韓国料理の起源は日本料理」などと主張した韓国のフードコラムニスト、ファン・ギョイク氏に対し、韓国のネットユーザーから非難の声が相次いでいる。

ファン氏が出演する韓国の番組「水曜美食会」の公式ホームページ掲示板には、「ファン氏が番組で偏った知識を伝えた」とし、制作者側にファン氏の降板を求める声が続々と寄せられている。ネットユーザーらは、ファン氏が同番組で「煮干しやエビで出汁をとる調理法は日本から入ってきた」「うなぎは韓国の伝統的な食べ物ではなく、日本の食文化から影響を受けたもの」「韓定食は日本植民地時代に作られた」「プルコギは日本の焼き肉の翻訳語」などと発言したことに対し、「事実関係が確認されていない不正確な情報」と反発しているという。

この記事にも、韓国のネットユーザーからは「専門家としてテレビに出て、日本寄りの間違った情報を話すのは偽ニュースと同じ」「彼にとって韓国の歴史は日本植民地時代から始まっているようだ」「専門家を名乗るのならちゃんと勉強してほしい」「彼は何でも知ったかぶりをするから信じられない」など批判の声が寄せられている。

一方、少数ではあるが「専門家にも多様な考え方があっていい」「彼の言っていることも一理あるんじゃない?」と擁護する声も見られた。(翻訳・編集/堂本)

なんと!

韓国人としては驚愕の逆説!!

世界各国(特に日本)のあらゆることについて

韓国起源説を唱えるのが

もはや定番になった韓国の方の中で

これは勇気ある??起源説だ!!

韓国で批判されるのは当然として

日本人としては、そう言われても冷めた目でしか見れませんね。

どっちでもいいですw

ただ、韓国のネットユーザーの言葉として

「彼にとって韓国の歴史は日本植民地時代から始まっているようだ」

といっておりますが

むしろ韓国の歴史は、中国の属国だった歴史のほうが長いのでは??

プルコギとは

Wikipediaより

プルコギ

朝鮮半島の代表的な肉料理の一つ

醤油ベースで甘口の下味をつけた薄切りの牛肉を、野菜や春雨と共に焼く、あるいは煮る料理であり「朝鮮半島風すき焼き」とも呼ばれる。

《プルコギの歴史》

カルビグイなどと同じく、紀元前後のころ満州の付近に居住していた民族・濊貊の肉料理であるメッチョク(貊炙 / ばくせき)が起源とされている。

『釈名』「釈飲食」によれば、貊炙は「胡貊より出ずる」料理であり、「全体もて之を炙り、各自刀をもって割く。」すなわち丸焼きないし大きな一枚肉として焼いて、各人が切り取って食べるものであると記述されている。

高麗期は仏教の普及により肉食が禁じられたが、13世紀からの元の支配などによって肉食の習慣と技術が復活した。開城(ケソン)では、肉を柔らかくするために焼く途中で冷水に浸して再び焼くという料理ソリャミョク(雪夜覓)が名物とされた。この名前は中国北宋の時代、雪の夜に趙普が太祖らを炭火焼の肉でもてなした故事にちなむとされている。

李朝になると、宮中では味付け肉を厨房で焼いて供するノビアニが作られるようになり、これが食卓で調理するプルコギに発展した。ノビアニは、刻んだ肉や切込みを入れた肉で作るハンバーグ様の料理となって現在も韓国料理店で出される「韓定食」と呼ばれるメニューのひとつに登場することがある。

皆の反応

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする