【産経新聞】共産党の志位和夫氏が指摘 安倍晋三首相への党員票と国会議員票の差

産経新聞

共産党の志位和夫氏が指摘 安倍晋三首相への党員票と国会議員票の差

 共産党の志位和夫委員長は20日の記者会見で、自民党総裁選で勝利した安倍晋三首相の党員票得票率が55%だったことに関し「(石破茂元幹事長が集めた)45%は安倍政権に対する国民の批判の強まりを反映した数字だ」と評した。

その上で、国会議員票では首相が81%を獲得したことについて「自民党の国会議員が国民の意識と相当離れているところにある」との見方を示した。

志位氏は、首相が総裁選で訴えた内容のうち、憲法改正と来年10月の消費税率10%への引き上げについて「この2つの宣言は絶対に許さない」と強調した。

この人は他所の党のことを何言ってるんだ。

ちなみにメディアが公正公平に報道していたら

安倍総理はもっと票を獲得できたと思いますよ??

日本共産党について

Wikipediaより

志位 和夫(しい かずお、1954年7月29日 – )

日本の政治家。衆議院議員(通算9期)

1990年から2000年まで日本共産党書記局長

2000年から日本共産党委員長

「アベガー」の第一人者と行っても良いのでは??

荒唐無稽な考え方を持つ国会議員の一人。

自衛隊は違憲と言いながらも

何かあったら自衛隊に守ってもらおうとしている。

自衛隊を批判しながらも

何かあったら自衛隊に守ってもらおうとしている。

志位和夫 「幹部自衛官が国会議員に 罵詈雑言を浴びせる自衛隊です。 こんな組織を 憲法に明記させていいでしょうか?」と言いながらも

何かあったら自衛隊に守ってもらおうとしている。

日本共産党なんて、トップには任期というものが存在しないから

いつまでもトップでいられる。

それが日本共産党と志位和夫委員長の正体。

皆の反応

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする