【時事通信】北朝鮮、米兵遺骨を返還=米朝信頼醸成へ一歩

時事通信

北朝鮮、米兵遺骨を返還=米朝信頼醸成へ一歩

【ワシントン、ソウル時事】

米ホワイトハウスは26日、北朝鮮朝鮮戦争(1950~53年)で死亡した米兵の遺骨を返還したと発表した。国防総省によると、遺骨は約55柱。ただし、正確な数は検査が完了するまで確認できないとしている。遺骨は米軍輸送機で日本時間27日午前、ソウル南方の烏山空軍基地に移送された。 トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は6月の首脳会談で、米兵の遺骨返還を進めることで合意。27日は朝鮮戦争の休戦協定締結から65年に当たり、合意履行は米朝の信頼醸成への一歩となる。

トランプ氏はツイッターで、「多くの(米兵)家族にとって素晴らしい時になる」と述べ、正恩氏に感謝の意を表明した。 朝鮮戦争では米兵3万6000人以上が死亡した。国防総省によれば約7700人が消息不明のままで、うち約5300人の遺骨が北朝鮮国内にあると推定される。北朝鮮は約200人分の遺骨を収容したと主張しているという。

米朝両国は96~2005年まで合同で遺骨発掘調査を行ったが、北朝鮮の核開発問題が深刻化し中断。その後、07年4月に米兵6人の遺骨が返還されたのが最後となっていた。ホワイトハウスは「きょうの措置は、遺骨返還と調査の再開に向けた重要な一歩」と評価した。

米軍輸送機は27日、北朝鮮東部・元山に向かい、遺骨の引き渡しを受けて韓国に戻った。烏山基地で8月1日に正式な遺骨返還式典を行う予定。その後、遺骨はハワイに移され、米国防総省捕虜・行方不明者調査局(DPAA)が遺伝子検査などで身元確認を進める。

【時事通信社】

日本の拉致被害者は

いつ返してくれるんですかね(´・ω・`)

早急に帰国させてください

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする