【大紀元時報】ロシアW杯、サムライブルー「立つ鳥跡を濁さず」に感銘=FIFA役員

大紀元時報

ロシアW杯、サムライブルー「立つ鳥跡を濁さず」に感銘=FIFA役員

 FIFAワールドカップ・ロシア大会で激戦を続けたサッカー日本代表。3日未明(日本時間)に行われた決勝トーナメント1回戦ベルギー戦で、2点先取するも3点を許し、敗退した。選手たちはフィールドで悔しさをにじませた。しかし、こうした辛さも胸の内に仕舞い、サムライブルーは去り際の礼儀を見せ、関係者に感銘を与えた。

欧州サッカー連盟役員会場責任者でFIFA総合コーディネーターのプリシラ・ヤンセンス氏は3日にSNSで、ベルギー戦を終え日本代表チームたちが使用した後のロッカールームを撮影し、コメントした。

続く

これって日本人なら当たり前の感覚で

褒められるのはうれしいけど

なんか不思議な感じ。

当たり前のことを当たり前にやっているだけなんですがね。

そういえば、2年ほど前に安倍総理もちゅごくのホテルに滞在した時に

感謝のメモを残していましたよね。

総理大臣もこうしてメモを残す国

日本はどんだけすごいんだw

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする