【東洋経済オンライン】ベトナム「ビキニLCC」、日本でも旋風起こすか

東洋経済オンライン

ベトナム「ビキニLCC」、日本でも旋風起こすか

 日本航空(JAL)との提携発表から約1年。ベトナムのLCC(格安航空会社)最大手、ベトジェットエアが今秋、日本の空に参入する。

ベトジェットは11月8日、初めての日本路線となる関西―ハノイ線を就航させる。180席を備えたエアバスの小型機「A320」で運航し、関西発ハノイ行きが午前9時20分発、午後1時10分着、ハノイ発関西行きは午前1時45分発、午前7時50分着。日本からの乗客にとっては、現地での滞在時間を長めに取りやすいダイヤ設定となっている。

続く

F1ではグリッドガールが廃止されたりと

ベトナムのこの航空会社の取り組みも

賛否両論が出てきそう。

これを継続できれば

世の男たちの利用率が高水準になったりして。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする