【サーチナ】日本はもう始めている! 「将来の競争に向けてリニア技術を掌握せよ」=中国メディア

サーチナ

日本はもう始めている! 「将来の競争に向けてリニア技術を掌握せよ」=中国メディア

 日本と中国は高速鉄道の輸出をめぐって競合関係にあるものの、日本はすでに次世代高速鉄道としてリニア中央新幹線の建設を進めており、2027年に開業の予定だ。

高速リニアモーターカーは現代において最先端の鉄道の1つであり、多くの国が関心を寄せる技術だと紹介し、すでに日本では実用化に向けた取り組みが始まっていることを伝えた。続けて、中国には時速350キロで走行可能な高速鉄道があり、また、時速1000キロで飛ぶ旅客機があると指摘する一方、「高速鉄道と旅客機の中間の速度の交通機関がない」とし、その意味でも時速600キロで走行が可能なリニアモーターカーは開発する意義があると論じた。

技術があっても安全性がない中国に

今のところ勝ち目はないのでは?

高速鉄道の輸出で日本と争って

勝ち取っても色々と問題起きてるじゃないですか。

まずはそこら辺を何とかすべきでは??

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする