【読売新聞】2年で440回たばこで職場抜ける 大阪府職員に訓告処分

読売新聞

2年で440回たばこで職場抜ける 大阪府職員に訓告処分

  • 大阪府が、健康医療部の男性職員を職務専念義務違反で訓告処分にしていた
  • 府は勤務中の喫煙を禁じているが、喫煙のために繰り返し職場を抜けたという
  • 2年間で計約440回職場を上司に無断で離れ、150m離れたビルで喫煙していた

喫煙1本につき5分とすれば

この職員は1日2本で毎日10分余計に休んでいた。

2年で約440回。

440回×5分=2200分(33~34時間)

1日8時間の勤務時間であれば

4日間分は喫煙しない職員より仕事をしていないということになりますね。

禁止されているのに我慢できなかったのですね。

これを機に、やめてもいいかと思います(´・ω・`)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする