【Forbes】東南アジアのゲーム市場を制覇する、ミャンマー企業の野望

Forbes

東南アジアのゲーム市場を制覇する、ミャンマー企業の野望

 マイクロソフトや任天堂のような大手がやってくる前に、新興国のゲーム市場を制覇してやろう──。東南アジアのミャンマーを本拠に「ネットフリックスのゲ―ム版」的ビジネスを行なうスタートアップ企業がある。

 モバイルゲームのプラットフォーム「Go|Games」は東南アジアの6カ国で急成長を遂げ、会員数は60万人に達している。運営元はミャンマー本拠の「Goama」で、同社CEOのTaro Arayaは今後、年内にフィリピンやインド、ベトナムやロシアへの進出を計画中だ。

どんなにハードが良くても

ソフトに魅力がなければ売れることはない。

東南アジアで力を付けて

もしかしたらいずれは日本にも上陸してくるかも

その時、魅力的なコンテンツが充実していれば

日本でも流行るかも。

と思ったら、ゲームの内容が海外や日本のゲームのパクリだったりして。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする