兵庫・淡路市の少子化対策事業が面白い!!

神戸新聞NEXT

生まれたぞ!赤ちゃん7人目 兵庫・淡路市が少子化対策事業の出産祝い金100万円贈呈

 兵庫県淡路市は、今年1月12日に7人目の赤ちゃんが生まれた同市志筑の団体職員長谷道治さん(47)とはるなさん(39)夫妻に、出産祝い金として計100万円を支給する。市が昨年度に導入した少子化対策事業で申請は2件目、第7子は最多で初となる。

第2子以降に出産祝い金を贈る「赤ちゃん未来の宝物事業」。第2子は5万円、第3子は10万円でいずれも1回支給。第4子は年額10万円を5年、第5子以降は年額20万円を5年支給する。

これは、他の市町村にはない思い切った良制度ではないでしょうか。

淡路市に移住してってのは、中々勇気がいりますが

良い制度だと思います(´・ω・`)!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする