新型コロナウイルス:ダイヤモンドプリンセス号についての考察

横浜港に寄港した「ダイヤモンドプリンセス号」

新型コロナウイルスの感染拡大で

連日ニュースになっていますが

気になることがあります。

それは「安易に日本政府の対応を批判している人がいる」

ということです

インフルエンザのウイルステストだって

100%じゃないんですよね。

香港のやり方が正しいとは思いません。

それで、発症者や感染者が出なかったら

それはただ「運が良かった」ってだけの話。

それと日本の対応を比べるのは間違っていますね。

こちらが正論です。

日本はそもそも、助ける義務はないんですよ

ハッキリ言って迷惑を被っている側。

対応のことで文句言われるのはお門違い。

日本は人道的立場の下、協力・支援しているんです。

ちなみに、船内の法律については

日本の港に寄港しているからと言って

日本の法律は適用されません。

船籍国の法律が適用されます

「ダイヤモンドプリンセス号」は英国なので

英国の法律が適用されます。

そもそも日本主導では出来ないんですよね。

それなのに、日本の対応を批判するのは違います。

これもおかしな話

与野党の垣根を超えて

知恵を絞り合うことではないのですか??

この期に及んで、まだ政府批判ですか?

「原因と対策を説明する」ではなく

「原因と対策を練る」では??

毎回思うのが、これだから支持率が伸びないんでだと思いますよ。

自民党を一生懸命落とそうとしても

自分たちを上げようとする努力をしないから

結局「元の木阿弥」状態。

国民民主党からも

妙案を出してみては??

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする