二階幹事長の暴走 中国支援はいいけど、日本は大丈夫??

Record China

二階氏とアリババ創業者が連携、無償寄贈の防護服10万着到着=中国ネット「日本に感謝してもしきれない」

2020年2月9日、中国メディアの中国新聞週刊は、公式ウェイボーで、日本から無償で寄贈された医療用防護服10万着が9日未明、上海の浦東国際空港に到着したと報じた。

中国新聞週刊によると、この支援は、中国電子商取引(EC)大手アリババグループ創業者の馬雲(ジャック・マー)氏が、医療国際化推進機構(IMSA)の二階俊博名誉理事長に連絡して実現したもの。二階氏が音頭を取って日本国内で集めた。アリババグループが手配したチャーター機で、当初の計画より5日早く上海に到着し、同グループのルートを通じて湖北省武漢市ほか中国国内20カ所の医療機関に送られるという。

これについて、ウェイボーユーザーからは「今回は日本に感謝してもしきれない」「中日友好に感謝」「中日の蜜月時代が到来」「艱難に遭って初めて真の友を知る」「人類運命共同体を一緒に構築しよう」「新型肺炎の問題が収束したら日本に遊びに行きます」「馬パパ(馬雲氏)の功績も無視できない」「これを機に、ばかばかしい抗日ドラマが少なくなったらいいのに」などのコメントが寄せられていた。(翻訳・編集/柳川)

最近の二階幹事長は

中国よりのことばかりしています。

チャイナマネーでも貰っているんじゃないかと

疑ってしまうくらいに。

既に80歳のため、この先を考えると

形振り構わずやっているのでしょうか?

あまりやりすぎて

自国が不足してしまうことの内容にしてくださいね。

それと、ここまでやったのなら

中国側から北朝鮮に圧力かけてもらって

一気に拉致問題を解決しましょう。

今回の件で日本に感謝している中国人が多いようですが

日本は中国に対して

1979年から2016年度までに

有償資金協力(円借款)を約3兆3,165億円
無償資金協力を1,576億円
技術協力を1,845億円

総額約3兆円以上のODAを実施しています

これについてはどこまで感謝しているのでしょうか??

中国を侵略した敗戦国日本が賠償しているようなもの

とでも思っているのでしょうか

まぁ、日本は戦後、中国に残した資産を

すべて置いてきた&中国政府側が賠償金を放棄しています。

中国が大国・強国となったのなら

無償資金協力の分も日本に返してはどうだろうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする