日本人には負けたくない!! 韓国人はどうしても日本人に勝っている分野を探したい

Record China

日本人より体格のいい韓国人、体力が「最低」な理由―韓国メディア

2020年1月29日、韓国・オーマイニュースは「日本人より体格のいい韓国人の体力が最低な理由」と題する記事を掲載した。

記事は、2017年に行われた「国民の体力実態調査」で、韓国人は男女共に平均身長が日本人より高く、20代女性の場合は身長も体重もかなりの差があったと伝えている。

しかし体格がいいにもかかわらず、20メートル往復走、立ち幅跳びなどほとんどの項目で日本より体力が劣り、年齢が上がるにつれその差は拡大したという。

この原因について記事は「韓国の大衆スポーツ政策の失敗ではないか」と指摘し、「日本は21世紀に入りエリートスポーツへの熱狂の鎮静化に向け努力し、社会体育で作り上げた成果が結果に現れた。その一方、韓国では朴槿恵(パク・クネ)前大統領時代の国政課題が『スポーツで国格を変える』、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の公約が『スポーツ福祉国の具現』だった」と説明している。

また「国民の健康は社会体育から始まるというのに、韓国では20代前半から40代後半までの体力が以前の世代に比べて低下している」とし「いったいわれわれはこの30年の間、社会体育で何をやっていたのか」と問い掛けている。

さらに「韓国の公共プールの多くは平日に自由遊泳時間を設けていない」とし、「これは社会体育問題への入り口。まずはより多くの高齢者や障害者が日常的に運動できる環境を予算を投じて作るべき」と主張している。

これを受け、韓国のネット上では「日本は部活動が盛んだし、プールのある学校も多い。韓国はいつも座って勉強ばっか。教育課程で推進していかなきゃ駄目」「先進国に住んでみたけど、地域ごとに体育館やプールがあって経済的。韓国はすべて個人に解決させようとする」など記事の指摘に同調する声が上がり、「体力低下の根本的な原因は入試制度」と指摘する声も。

一方であるユーザーからは「韓国人の体力はすごいんだぞ!。社会人は夜中の2時3時まで飲み、クラブで踊るけど、翌朝7時には出勤する。学生たちも学校の後に塾に行って夜遅く帰宅する。これができれば十分じゃない?」と反論する声も見られた。(翻訳・編集/松村)

どうしても負けたくないんですね。

「体格」では日本人に負けてない!!

って、その卑しい部分で圧倒的に負けてます。

人間として。

世界と比べず、いちいち日本と比べるところが

まさに韓国の国民性を表しています。

世界で負けても日本に勝っていれば

それでいいとでも言うのでしょうか??

学歴社会&ゲーム推進によって

体力が低下するのは必定。

諦めましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする