望月衣塑子記者「記者会見での厳しい追及」←ズレた追求の間違いでは??

毎日新聞

「記者会見は国民の知る権利のためにある」 東京新聞・望月記者が松江で講演

 官房長官の記者会見での厳しい追及や官邸側からの質問妨害で注目を集め、映画化もされた東京新聞の望月衣塑子(いそこ)記者による講演会が18日、松江市の労働会館であり、約300人が耳を傾けた。社民党県連が「新春の集い」での講演を依頼した。

望月記者は、2017年6月から菅義偉官房長官の記者会見に出席。18年12月には官邸側が「(望月記者の質問が)事実誤認」だとして記者クラブに対応を申し入れ、各社が反発するなど大きな問題となった。記者クラブは申し入れを受け取らなかったが、官邸側によって文書が貼り出された。

望月記者は質問時に「事実に反する」と一蹴された内容が記事になった後は妨害が止まったことなどに触れ、「貼り出しは私や他の記者への精神的な圧力。政府の言う『事実』を事実としたいのか」などと批判。「記者会見は政府やメディアのためではなく国民の知る権利のためにある」と語った。【榊原愛実】

質問内容が、ズレすぎてるから

質問を遮るのでは…

それでいて、政府の対応を批判する

これって印象操作以外の何物でもないですよね。

むしろ、記者会見妨害では??

それをまるで官房長官や政府側が

悪いかのように報じる。

メディアが政府を監視しているのではなくて

メディアが政府を貶めているとしか

思えません。

皆の反応

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする