竹島不法占拠中の韓国、ポストを設置しようと思ったけど、日本にビビッて中止??

Record China

日本との関係悪化を懸念?韓国の「竹島ポスト」計画が延期に

2019年12月9日、韓国・ソウル新聞は、韓国で行われていた竹島へのポスト設置計画が「事実上頓挫した」と伝えた。

記事によると、慶尚北道地方郵政庁関係者は8日、「年内に終える予定だった独島(日本名:竹島)へのポスト設置事業を来年に延期する」と発表した。

同庁は8月に文化財庁から同事業に対する許可を受け、ポストの制作も終えていたという。それにもかかわらず計画が延期された理由について記事は「独島問題に“静かな外交”で対応したい韓国政府が反対したため」と推測し、「計画は事実上、頓挫した」と指摘している。韓国の独島団体関係者も「ポスト設置が中止になったのは日本との外交摩擦を懸念する韓国政府の反対のため」と主張したという。

これに韓国のネットユーザーからは「韓国の土地にポストを設置するだけなのになぜ日本を意識する必要があるのか」「韓国は日本から独島の土地をレンタルしているのか?。本当に情けなくて腹立たしい政権だ」「民族のプライドを守ってほしい」「文政権も過去の政権と同じ。日本の機嫌をうかがってばかり」「日本はうるさい外交、韓国は静かな外交。世界はうるさい方の主張を信じるだろう」など不満の声が上がっている。(翻訳・編集/堂本)

日本に対して調子に乗りすぎて

輸出管理強化されてビビったんですかね。

いつもの韓国なら

日本は何をしても抗議だけしかしないだろうと

ポストもすぐ設置しそうですが

今回は、さすがにやめましたね。

竹島問題

日本海の南西部に位置する島嶼群で、急峻な地形をなす2つの島と周辺の岩礁からなる。1952年以降、韓国が実効支配を継続しており、日本および北朝鮮がそれぞれ領有権を主張している。「竹島」は日本における呼称で、韓国・北朝鮮では「独島(獨島、トクト、독도、Dokdo)」、第三国では中立的立場から「リアンクール岩礁 (Liancourt Rocks)」等と呼ばれている。

本来は人の住みにくい環境であることから無人島であった。1946年、連合国司令部がSCAPIN 第677号で竹島(独島)を日本の施政区域から除外したが、1952年4月にサンフランシスコ条約が発効されたときには日本が放棄する島に竹島(独島)は含まれていない。1948年8月13日に大韓民国独立宣言によりアメリカ軍政から独立した韓国は、1952年1月には李承晩ラインを設定して竹島を韓国側水域に含め、翌1953年4月より独島義勇守備隊と名乗る民兵組織を常駐させて実効支配をはじめた。日本はこれに対し「不法占拠」であるとして抗議を続けている。しかし韓国側は、独島(竹島の韓国名)は歴史的・地理的・国際法的に韓国の固有領土であると主張し、独島問題に領土問題は存在しないという立場を取っている。

韓国側の不法占拠が続けば

いつか、そのまま韓国領になる可能性がある。

そうなる前に、奪還作戦を決行すべきです。

対馬でも、韓国人による

土地や建物買いが行われてしまい

このままでは、日本の島なのに韓国に盗られてしまいます。

日本政府は早急に動かなければ

取り返しがつかないことになる。

今すぐにでも動くべきです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする