文在寅大統領大誤算!! 韓国、最低賃金を底上げした結果…

朝鮮日報

最低賃金以下の韓国勤労者338万人、過剰賃上げで急増

 釜山市でコンビニエンスストアを営む40代の経営者は最近、時給7500ウォン(約690円)でアルバイト1人を雇った。今年の最低賃金8350ウォンを850ウォン下回る額だ。最低賃金法違反に当たるため、雇用契約書は作成しなかった。別に悪徳業者だからではない。釜山市・慶尚南道地域のコンビニエンスストアのアルバイトは時給が昼間で6500-7000ウォン、夜間で7500ウォン程度にしかならないという。同経営者は「他のコンビニも商売が苦しく、人件費がかさむので、大半は最低賃金を守っていない」と話した。

あるインターネット求人サイトでコンビニのアルバイト募集広告を見ると、「最低時給は委細面談」と書かれたものが多い。コンビニ業界関係者は「堂々と最低賃金は払えないといえないからそう書いてあるが、アルバイト応募者もそれを承知で応募してくる」と話した。

野党議員が統計庁の経済活動人口付加調査を分析した結果、今年8月現在で勤労者338万4000人が最低賃金を下回る賃金を受け取っていることが分かった。全体の16.5%に相当する。いずれも過去最高の数値だ。昨年、今年と2年連続で最低賃金が2桁台で引き上げられたことに耐えられない自営業者、零細事業者が急増しているからだ。所得主導成長を掲げる政府による過剰な最低賃金引き上げで、最低賃金を受け取れない労働者が増えた格好だ。

西江大経済学科のチェ・イン教授は「最低賃金に達しない勤労者が増えたのは、政府の所得主導成長政策が失敗したことを示すシグナルだ。市場が持ちこたえられない政策は市場を歪曲(わいきょく)させるだけだ」と指摘した。

チュ・ヒヨン記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

どこかの政党は

日本の最低賃金を「1500円」にしようとしていますけど

それって韓国の二の舞になるのは

明白な事実ではないでしょうか。

韓国のように

最低賃金以下で雇用契約書も作成しないような現実が

待っている可能性があります。

安易な最低賃金の爆上げは

最悪の結果をもたらすことを

忘れてはいけません。

最近の最低賃金引上げについて

韓国では、2018年に16.4%も最低賃金を引き上げ

2019年は10.9%もの最低賃金引き上げを行いました。

現在、韓国の経済は絶賛減退中

そのせいもあってか、2020年は2.87%の上昇に留まりましたが

それによって、文在寅大統領が公約に掲げていた

2020年に最低賃金を1万ウォンに引き上げる計画は

実現が絶望的になりました。

まぁ、1万ウォンに引き上げてたら

経済が破たんしていたかもしれませんが…

皆の反応

>今年8月現在で勤労者338万4000人が最低賃金を下回る賃金を受け取っていることが分かった。全体の16.5%に相当する

これが、韓国が最低賃金をどんどん上げた結果よ。

いやあ所得主導政策が上手くいかない犯人がわかりましたね
積弊清算しないと…
こういう労働者がいる一方で、老人たちを公務員として採用してどうでもいい仕事をさせて数字を操作する政府
本気で実行したら凪ぎ払うように零細企業は消滅していきますね(笑)
最低賃金をあげることを支持率をあげるための手段としか考えなかった結果がこれ。
全くどうしようもないな。。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする