日本製品不買運動により、日本のビールはついに韓国輸出量「ゼロ」

中央日報

「日本ビール、10月の韓国輸出はゼロ」

日本財務省が28日に発表した10月の貿易統計(詳細版)で韓国へのビール輸出額が「ゼロ」になったと、時事通信が報じた。

時事通信は「ビールの韓国向け輸出額は1999年6月以来、約20年ぶりにゼロ」とし「日韓関係の悪化を受け、韓国国内で日本製品の不買運動が続いていることが響いた」と伝えた。

通信によると、日本製ビールの輸出額は昨年1月から今年7月まで毎月3億円-8億円だった。しかし7月4日以降、日本政府が韓国に対して輸出規制強化措置を実施したことで輸出額が大幅に減少した。8月には前年同月比92・2%減の5009万円、9月には99.9%減の58万円に急減した。

時事通信は「10月の対韓国自動車輸出額は前年同月比63.6%減の29億1800万円」とし「GSOMIA(韓日軍事情報包括保護協定)は当分維持されることになったが、日本製品の輸出回復までには時間がかかりそうだ」と伝えた。

そもそもの韓国市場におけるビールの規模が小さいので

韓国に輸出できなくとも

それほど影響はないみたい。

韓国ではメシウマな内容かもしれませんけど

日本のビール企業にとっては

蚊に刺された程度なのかもしれませんね

もういっそ、このままゼロでもいいかもしれない

過去記事:韓国「日本のビール99.9%減らしたったで」

皆の反応

発泡酒は、どうなってんだろ。
韓国の日本ビールの市場規模は70億弱。日本のビール売上は3兆3千億。 2%程度の落ち込みなど屁みたいなもんでしょう。
正規販売ルートはゼロ化したけど、韓国人による個人輸入はどうなってるんでしょ?
そこいらへんの追跡取材をお願いします。
日本のビールメーカーは『韓国で売れなくなっても、元々の売上が少なく経営には全く問題が無いらしいですよ。むしろ、カントリーリスクを抱える韓国を相手にすると、その対策費用がかさむので、カントリーリスクが低い台湾や東南アジア諸国に韓国輸出分をシフトしている。らしいですよ。
別にー・・沢尻エリカの真似をしなくても、輸出が「0」になったからと言ってそれがどうした。
これが克日の結果だと自尊心保ってくれるのはいいですが、排除できないものは必ずあるよ。排除できないと分かったときどうするんだろか。恥ずかしいと思うんだが。まぁそもそもそんな想像力がないのか。
ロッテアサヒも喜んでいるぞ。商売畳もうってな。韓国人にはカスビールがお似合いだ。韓国産を飲め。
日本のビール美味しいのに、韓国の人は可哀想ですね…我慢して不買のふりをしなくちゃ売国奴って言われちゃいますものね。あぁ…こんな国イヤだ。
嫌なら買わなくていい。他で売れば良いだけ。日本企業のマーケティング力を舐めたらアカンよ(爆笑)。
これなんだけど、「克日」を謳っているなら、国産ビールを買うべきではなかろうか?中国産がNo1と言われると、日本人は笑いますよ。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする