韓国人「ユニクロの無料配布は嫌韓マーケティングだ!!」

朝鮮日報

ユニクロがヒートテック無料進呈、「嫌韓マーケティング」との批判も

 今年7月に日本製品の不買運動が始まって以降、代表的な日本ブランドとして攻撃を受けたアパレル大手、ユニクロが最近、防寒機能がある肌着「ヒートテック」の無料進呈イベントを行ったところ、今度は「意図的な嫌韓マーケティング」だとする批判にさらされている。ユニクロは他国でも同様のイベントを実施しているが、韓国では「韓国人はタダが好きだという認識を広めるために今回のイベントを企画したものだ」とする陰謀論が飛び出した。

ユニクロは15日から21日まで「冬の感謝祭」セールを実施している。年2回行うセールで、今回は値引き販売のほか、ヒートテックを無料で配布した。価格に関係なく、商品を購入すれば、合計で10万点を進呈する企画だ。同社は今年、米国、カナダ、オーストラリアでも無料進呈イベントを実施した。

問題はそれが大きな人気となったことだ。毎日各店舗で90-100人分を準備し、先着順に進呈したのだが、客が殺到し、開店から1時間でなくなる店舗も出た。インターネット上ではユニクロのレジにできた行列が話題になった。

すると、今度はユニクロが行列を演出したのではないかとする陰謀論が登場した。韓国学中央研究院のチョン・ウヨン客員教授は18日、自身のソーシャルメディアで、「日本人の代表的な嫌韓論に『朝鮮人はタダならばじっとしていられない』というのがある」とし、「ヒートテック無料配布は『攻撃的マーケティング』ではなく、『嫌韓マーケティング』だ」と分析した。「不買運動で直撃を受けたユニクロが在庫処分でイベントを実施した」「不買運動を無力化しようとするものだ」といった分析もネット上でシェアされた。ユニクロ製品の購入者を批判する人もいる。あるユーチューバーは並んでいる客をたしなめる様子を撮影して投稿したほか、「肌着こじき」「カネにつられた売国奴」といったあざけりのコメントも見られた。

ユニクロ関係者は「今年が韓国進出15周年に当たることを記念して準備したイベントであって、他に背景はない」と話した。

チェ・アリ記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

韓国の何があって「日本が悪い」批判の典型ですね。

日本製品不買運動中に自分たちが行列を作ったのも

「日本が悪い」で片づけようとしていますね。

私なら、「良いものは良い」と思いますので

もし、韓国製品の質が

日本の製品より良くて安価なのであれば

迷わず購入します。

あればですが。

買いたくなければ買わなければいいし

買いたければ買えばいいと思いますよ。

不買運動なんて、そもそも子供じみた行為だと思いますけどね。

そんなことするよりも「富国強兵」

自国の力をつけなければと奮闘する方が

よっぽどポジティブだし

良い結果が生まれる。

そろそろ、気付こう韓国!!

皆の反応

もうこんな国と付き合いたくない…
ツッコミどころが多すぎて笑うわこんなんw
韓国人っておもしろいなあ。たかりたがりのくせになあ。泣いてたくさん餅もらいなよ
考え過ぎでしょ
散々反日!反日!チョッパリ!と言い続けるも乞食の精神だけは捨てられないんだな
「韓国では「韓国人はタダが好きだという認識を広めるために今回のイベントを企画したものだ」とする陰謀論が飛び出した」
この発想は無かったわwww
朝鮮日報 ・・・韓国人の自虐卑下好きもここまで来れば「文化」だろう。
無料で配ったら配ったで文句を言われる。 つまり、もうかかわるなということ。
くそ笑ったわ
どんなことでも捻くれて悪意と捉えるどうしようもない人達だな。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする