来年の「桜を見る会」は、中止決定!! 今後、開催するなら予算規模縮小と参加者を絞って

NHKニュース

来年度の「桜を見る会」は中止 菅官房長官

菅官房長官は午後の記者会見で、総理大臣主催の「桜を見る会」について、さまざまな意見があることを踏まえ、招待者の基準などを全般的に見直すとして、来年度の開催を中止することを発表しました。

この中で、菅官房長官は、「桜を見る会は、今般、さまざまな意見があることを踏まえ、具体的な手続きを確認をしたところ、内閣官房と内閣府から各省庁に推薦依頼を行ったうえで、提出された推薦者の取りまとめを行っている」と説明しました。

そのうえで、「内閣官房の取りまとめにあたって、総理大臣官邸内や与党にも、推薦依頼を行っており、官邸内は総理、副総理、官房長官、官房副長官に対して、事務的に推薦依頼を行ったうえで、提出された推薦者につき、取りまとめを行っている」と述べました。

そして、「こうした手続きは、長年の慣行で行ってきているものだが、さまざまな意見があることを踏まえ、政府として招待基準の明確化や、招待プロセスの透明化を検討したい。予算や招待人数も含めて、全般的な見直しを幅広く意見を聞きながら行うこととし、来年度の桜を見る会は中止をすることにした」と述べました。

もう来年度の中止だけではなく

今後も取りやめてもいいかもしれませんね。

これだけ野党から執拗に言われるのであれば

開催そのものをやめることで

野党の攻め手をまた一つ無くすのが良いかもしれません。

次はどんな手で攻めてくるんでしょうか。

安倍総理や内閣、自民党を貶めることだけに

必死になっているとしか思えない

特定の野党の皆さん。

本当に国民のことを考えているのか疑問です。

「桜を見る会」については

予算規模が膨らみすぎているというのはありますね

参加者ももっと絞っていいと思います。

皆の反応

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする