中国人が日本旅行で一番気にしていること・・・ それは〇〇だった!!

サーチナ

中国に帰省するたびに質問を受けたこと「日本人から差別されるか?」=中国メディア

 現代は過去のどの時代よりも国際交流が活発な時代と言える。仕事や留学のために日本に住む中国人は数多く存在するが、中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本には中国人留学生に対する差別は存在するか」と問いかける記事を掲載した。

記事はこのテーマについて、以前に日本に留学していたという中国人の見解を紹介している。この中国人は留学生時代に、中国に帰省するたびに「中国人は日本人から差別されるか?」と質問を受けたと説明した。この質問が多かったという事実から、多くの中国人がこのテーマに関心を持っていることがわかる。

この問いに対して、かつて日本に留学していたこの中国人は自身の経験に基づいて「差別は基本的には存在しない」と説明。一方で、差別はないが日本人は他人と「かなりの距離を置く」ゆえに冷たいと感じられたことを紹介し、中国人が日本の大学内で本当の意味での友人を作るのは「相当難しい」とした。

また、人間関係における日本人の距離感は「中国人を差別している」という印象を一部の中国人に与えていると主張する一方、これは「差別を受けている」のではなく、実際には中国人の「自意識過剰」なのであり、日本人の冷たさを「差別」とするのは強引なこじつけであると論じた。

さらに日本社会全体における中国人差別についても触れ、留学生時代にアルバイトをしていた時、客に釣り銭を少なく渡してしまう失敗をしても、大部分の日本人は微笑んで理解を示してくれたという経験を紹介し、日本社会全体においても「中国人に対する差別は基本的には存在しない」という見方を示した。(編集担当:村山健二)

日本は比較的差別の少ない国だと思います。

欧米諸国のような

白人至上主義的な文化もありませんし

飲食店で「窓の側は白人」などということもありません。

が、区別はあると思います。

「日本人とそれ以外」という区別ですね。

恐らくそれが、冷たさを感じる原因なのかもしれません。

日本人は内向的で、自分から心を開く人は少ないかもしれないので

どんどん話しかけていくといいと思います。

とはいえ、内と外の顔を使い分けているのでそのギャップも

なかなか・・・

結局、差別は少ないということで。

皆の反応

今の中国には20年ぐらい前と比べても真の日本の情報(中国民や中国国営メディアから)が沢山入って来て、日本を良く知れる様になった事。そして、この変わり方が良い方向に成ってる事に今後も期待出来そうだね。日本に対する強烈な劣等感を持つ韓国・民とは大違いで。既に20年以上前から大手の日本製造や商企業が大挙して中国へ進出した事の結果だろうし。そして多くの中国人労働者を雇用・育成した事が根幹だろう。
わざわざ観光以外で他国に来るってご苦労さんだなと思う。
それ以外は特に何も思わない
差別と区別の違いを言っていた時代があった。 ちょっと意味は違うが、そんな発想が必要。
国籍と個性は関係ないでしょ
黄色人種を一番差別するのはフランスから出たことのないフランス人だろうな
どこの国籍であろうといい奴はいい友人になる。
マナー、ルールを守りさえすれば誰も文句は言わない。それは中国人だけでなく日本人にも同じ。粗暴な奴はどこでも排斥される。
日本人の心のゆとり
政治がどうあれ反韓・反中で不買運動もしない。
良いものは良い。悪いものは悪い。個人の自由。
中国人差別はないが、ニューカマーと呼ばれる人たちはその横暴さゆえ嫌われている。
中国人の差別ないよ。大学で第二外語、中国語が一番人気。(もっとも漢文の知識を使えるという理由だが)韓流というが、朝鮮語なんか、全く人気ないぞ。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする