【サーチナ】日本のカップ麺は中国より高額だが、「その価値はあると思う」=中国メディア

サーチナ

日本のカップ麺は中国より高額だが、「その価値はあると思う」=中国メディア

 日本発祥で世界に広がり、中国では今や日本よりも生活に浸透している「カップ麺」。お湯を注ぐだけで食べられる手軽さが、温かいものしか食べない中国人に支持されたのだろう。遠出にはカップ麺を持っていく人が非常に多く、列車や高速鉄道での移動中などに多くの人がカップ麺を食べている。

これは国外旅行でも同様で、食に困らないようにたくさんのカップ麺を持っていく人も少なくない。中国メディアの快資訊は17日、日本のカップ麺について紹介する記事を掲載した。

記事の中国人筆者は、日本で買ったカップ麺が450円もしたと紹介。中国では5元(約85円)程度で買えるので5倍以上もすると、値段がいかに高いかを強調した。記事ではそのカップ麺を写真で紹介しているだけで、肝心の味についてはコメントがなく残念だが、カップ麺の中身は、かやくと粉末スープで見た目には中国とあまり変わらないようだとコメントしている。しかし、実際に食べ比べてみればわかるが、日本のカップ麺は非常にクオリティが高い。

450円のカップラーメンは

日本でもメチャクチャ高価なカップラーメンですね。

いつも食べるのは100円くらいですw

それでも、美味しいですよ!!

中国のカップラーメンは…

食べたくないなw

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする