【読売新聞】五輪開会式30万円、2020円企画チケットも

読売新聞

五輪開会式30万円、2020円企画チケットも

 2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は20日、五輪の一般チケットの販売概要を発表した。最高額は開会式の30万円(価格は全て税込み)、競技の最高額は13万円で、陸上男子100メートル決勝の実施日になりそうだ。半分以上が8000円以下で購入できる設定で、子供や高齢者、障害者を含むグループには2020円の企画チケットを全競技で用意。来春から特設サイトで発売する。

開閉会式は1万2000円から30万円(閉会式の最高額は22万円)。日本勢のメダル獲得が期待される競技などの最高額は高めに設定したが、一般チケットの最低額は2500円と安価なチケットも多数用意する。

組織委は一般チケットのほか、食事などのオプションを付けたチケットも販売予定。五輪とパラリンピックで100万人規模の児童、生徒が観戦できる学校連携観戦プログラムも実施する。

来春はインターネットのみで販売を開始し、「TOKYO2020IDサイト」での登録が必要。

開会式高すぎ~

行かないだろうなw

でも、転売屋が出てくるから

更に高額になりそう。

はやく転売規制を!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする